開発・運用

複数のサービスをつなげて自動実行できる「IFTTT」

投稿日:2018年7月2日

例えばFacebookに投稿したらTwitterでも自動投稿したい、iPhoneで写真を撮ったらDropboxに自動保存したいるなど、複数のサービスを連携したいことがあると思います。そのようなときに使えるのがIFTTTです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 簡単な操作で複数のサービスを連携することができる
  • 作成したアプレットは自動実行される
  • 他に人が作成したアプレットを使うことができる

使い方

IFTTTのサイトにアクセスします。なお、Internet Explorerは非対応ですので、ChromeかFire Foxで接続してください。はじめにユーザー登録が必要です。右上の「Sign up」をクリックします。

Google+かFacebookのアカウントと連携することもできますが、今回は、専用のアカウントを作成します。下にある「sign up」のリンクをクリック。

メールアドレス、パスワードを入れて、「Sign up」ボタンをクリックします。

ユーザー登録が完了され、ウェルカム画面が表示されます。右上の「×」で閉じます。

ユーザー登録後は早速「アプレット」を登録しましょう。アプレットとは、連携設定の1セットのことです。(昔は「レシピ」と言われていましたが名称が変わりました。)今回は例として、WebcliのRSS情報を自動でTwitterにツイートするアプレットの作り方をご説明します。左上の「My Applets」をクリック。

続けて、右上の「New Applet」をクリック。

サービス開始の起点となる「トリガー」を登録します。「this」の箇所をクリック。

サービスの一覧が表示されますのでRSS Feedのアイコンをクリックします。

起動条件を設定します。今回は「New feed item」を選択します。

次に、RSSのURLの入力が求められますので、WebCliのRSSフィードのURLである「https://webcli.jp/feed/」と入力し、「Create trigger」ボタンをクリックします。

続けて実行するアクションを定義します。「that」の箇所をクリック。

Twitterのアイコンを検索してクリックします。

Twitterのような認証が必要なサービスの場合は認証設定が必要です。「Connect」をクリックします。

認証ダイアログが表示されますので、Twitterのアカウント、パスワード入れて「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。

認証成功後は、ツイートを実行するアクションである「Post a tweet」をクリックします。

ツイート内容のプレビュー画面が表示されます。既定では、RSSフィードのタイトルおよびURLがツイートされる設定となっていますが、変更も可能です。今回は既定のまま「Create action」をクリックします。

確認画面が表示されます。内容を確認して「Finish」をクリック。

これで、アプレットの完成です。これで、今後新しいRSSフィードが来るたびに、自動でTwitterにツイートされるようになります。

なお、今回作成したTwitterの自動ツイート一一覧は以下に公開しています!
https://twitter.com/web_cli

以上がIFTTTの使い方でした。ウィザード形式で簡単に設定できるのがお分かりいただけたかと思います。また、アプレットを新規作成する以外の方法として、他の人が作ったアプレットを利用する方法もあります。大抵のものは用意されていますので、こちらから探して登録する方が効率的です。「Search」メニューからほしいアプレットを探して「Turn On」にするだけで自分のアプレットとして登録できます。

また、IFTTTではiPhone版、Android版もある他、これまでご紹介したDropboxPocketEvernotebitly、iPhoneのアドレス帳や、AmazonのAlexaなど600以上のアプリと連携可能です。Alexaにある言葉を伝えるとGMailでメール送信するなど、幅広く活用ができます。ぜひ、普段手作業で行っている作業をIFTTT化し、効率化をはかっていただけたらと思います。

解説動画(YouTube)

制限

Web版ではInternet Explorerは非対応です。

サイト情報

URL:https://ifttt.com

-開発・運用
-, , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.