開発・運用

長いURLを短縮できる「bitly」

投稿日:2018年6月22日

他の人にWebページのURLをメールやTwitterで紹介することがありますが、グーグルマップのURLなどは長すぎるので困ってしまうことがありますよね。そのような時に使えるサービスがbitlyです。bitlyはURLを短くすることのできるWebサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 長いURLを短縮できる
  • 競合サービスの中でも一番実績がある

使い方

使い方は非常に簡単です。サイトにアクセスするとURLを入れるテキストボックスがありますので、短縮したいURLを入力して、「SHORTEN」ボタンをクリック。

「https://bit.ly/」で始まるのURLが生成されます。「Ctrl+C」ボタンを押すか、下にある「COPY」ボタンでURLをコピーすることができますので、このURLをメールなどで案内すればOKです。このURLにアクセスすると元のURLに変換されますので、元のURLと同じWebサイトを案内することができます。

このようにユーザー登録なしで利用できますが、ユーザー登録するとさらにURLのカスタマイズやアクセス数などの解析が可能になります。ユーザー登録する場合は右上の「SIGN UP」をクリック。

ユーザ名とメールアドレス、パスワードを入力して「CREATE ACCOUNT」ボタンをクリックします。Google+やFacebook等のアカウントと連携も可能です。

登録完了後は以下のようなダッシュボード画面に遷移します。URLを発行する場合は右上の「CREATE」メニュー→「BITLLINK」をクリックします。

右側にテキスト欄が表示されるので、サイトのURLを入れて「CREATE」ボタンをクリック。

短縮URLが発行されます。さらに、「bit.ly」以降については書き換えが可能です。(他で発行済のURLと重複登録はできません。その場合はSAVEボタンを押した際にエラーになります。)

また、ダッシュボードでは短縮URLのクリック数をグラフで見ることが可能です。

解説動画(YouTube)

特徴

bitlyは2008年に登場したサービスで短縮URLサービスでは一番メジャーなサービスです。現在は他社も同様のサービスを出していますが、あまり差はありまけん。ユーザー登録しなくてもカスタマイズしたURLが発行できるBit.doというサービスもありますが、逆に自動でURLが生成されないのが難点です。とりあえず短いURLにしたい場合は、bitlyが一番安心して使えるでしょう。

価格

基本的に無料でご利用できます。

Enterpriseプランでは独自のドメインで短縮URLが作成できるようになります。

サイト情報

URL:https://bitly.com/
海外のサービスになります。

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.