メール・チャット

複数のメールアドレスを管理できる高機能なメールアプリ「Spark」

投稿日:

GmailやYahooメールなどの複数のメールアカウントを運用している方も増えてきました。しかし、複数のアドレスを運用していると、アカウントの切り替えが面倒だったり重要なメールを見落としてしまったりという場合も多いかと思います。そこで今回は複数のメールアドレスを管理できるアプリ「Spark」をご紹介します。自動でメールを振り分けたりキーワードで検索したりすることもできるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 複数のメールアドレスを管理することができる
  • 受信したメールを自動で振り分けることができる
  • キーワードでメールを抽出することができる

使い方

初期設定

AppStoreから「Spark」をインストールしてください。初回の起動時はアプリの説明が表示されます。

メールアカウントの追加画面が表示されます。「メールアドレス」を入力し、規約に同意した上で「次へ」をタップします。

認証が完了するとスタート画面が表示されます。「Sparkをはじめる」をタップします。

メールを自動で振り分ける

Sparkでは受信したメールをを自動でカテゴリに分けて表示されます。カテゴリは「重要」「通知」「メールマガジン」「既読」「新規」があります。

リストをタップすることでメールの内容を確認することができます。

メールを「未読」に戻す場合は画面左下の以下のアイコンをタップします。

メールに「返信」する場合は画面左下の以下のアイコンをタップします。

メールを「アーカイブ」する場合は画面左下の以下のアイコンをタップします。

メールを指定時刻に受信トレイに再度戻す「スヌーズ」機能も使えます。スヌーズする場合は画面左下の以下のアイコンをタップします。

スヌーズは「あとで」や「明日」「来週」等から選択することができます。

Sparkで受信したメールは転送や印刷、フォルダの移動を行うことができます。画面左下の以下のアイコンをタップします。

メールを作成する

新規でメールを作成するには、画面右下のアイコンをタップします。

メールの入力画面が表示されます。

送信は右上のアイコンをタップします。

キーワードでメールを抽出する

Sparkにはキーワードを設定し、該当するメールを抽出する「スマートフォルダ」という機能があります。設定するには画面左上のアイコンをタップします。

画面右下にあるアイコンをタップします。

「新規追加」をタップします。

「スマートフォルダ」をタップします。

抽出するキーワードと名前を設定します。

「追加」をタップすることで登録できます。

登録したスマートフォルダをメニューにリスト表示されます。

リストをタップすると抽出されたメールを閲覧することができます。

アカウントを追加する

アカウントを追加するにはメニューから「アカウントを追加」をタップします。

表示されているメールサービスであればアイコンをタップして追加することができます。

画面に表示されていないメールサービスは「アカウントを手動で設定」で追加することができます。

外部サービスと連携する

外部サービスと連携するにはメニューから「設定」をタップします。

「外部サービス連携」をタップします。

連携できるサービスはDropboxやGoogleドライブ、Evernote等多くのサービスと連携できます。

特徴

メールアプリの定番として「Gmail」があります。Googleの公式アプリでもあり検索性能も高いですが、Sparkの持つスマートフォルダや外部連携に該当する機能はありません。用途に応じて選択すると良いでしょう。

サイト情報

URL:https://sparkmailapp.com/ja

-メール・チャット
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.