メール・チャット

GmailでCRMや既読確認ができる「Streak」

投稿日:2019年6月28日

GmailでCRMや既読確認ができる「Streak」

Outlook、Yahooメール!などのメールソフトはそれこそキラ星のごとくあります。その中でもビジネス分野で33%の利用率という圧倒的なシェアを誇っているのがGmailです。ただこのGmailはあくまでメールツールですのでCRM(顧客管理)システムとして十分ではありません。そこで、顧客の管理をしっかりとしたCRM機能を拡張できるStreakをご紹介します。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • パイプラインを通じて流れを一括管理することができる
  • メールを追跡したり自由な送信日時の設定ができる

使い方

インストール

まずはじめに、トップページで上部右側にある「ADD TO CHROME」ボタンをクリックします。

次に、「拡張機能を追加」をクリックします。するとCookieを有効にするよう指示があるので、「Cookieを有効にする」をクリックしてサードパーティ用のCookieを有効にしましょう。

以上でインストールは完了です。

パイプラインを利用する

Streakを実行すると左下に「pipelines」のタブができているので「私のパイプライン」をクリックしましょう。

すると「新しい」「進行中」「完了しました」のラインができています。これをメールごとに割り振ればCRMをわざわざエクセルなど利用せずにタスク管理することができます。なお、パイプラインは自分で編集することも可能です。

メールの送信時間を設定する

また、Streakではメールを送る時間を指定して送ることができます。まずは、メール画面を開き「送信」のタブから「送信日時の設定」をクリックします。

次に「日付と時間」を選択して「送信日時を設定」をクリックしましょう。

メールの起動確認を行う

さらにStreakでは送信メールが読まれたかどうかを調べるトラッキング機能が実装されています。そこで、トラッキングを不要とする場合は、目玉のボタンをクリックして表示を消しましょう。

以上、Streakの利用方法について解説しました。StreakがあればCRM機能がつくだけでなくメールを追跡したり、送信日時を自由に設定するなどGmaiの利用の幅を広げることができます。Gmailをより広く使えるようStreakの導入を考えてはいかがでしょうか。

価格

基本的には無料で利用することができます。ただし、月49ドル支払うことで共有用パイプラインを無制限に利用することができ、APIアクセスをチェックできるなどさらに発展した「professional」というコースとデータ修復サービスやAPIのサポートなどがある月129ドルという「enterprise」というコースがあります。

サイト情報

URL:https://www.streak.com/for/email-tracking-in-gmail
運営会社:Rewardly, Inc.

Streakの評判(口コミ)

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

-メール・チャット
-, , , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.