情報収集

あらゆる種類のデータを共有管理できる「Evernote」

投稿日:2018年6月12日

本日は定番アプリ、Evernoteをご紹介します。Evernoteはテキストや音声・画像などのファイルの種類を問わずメモをして共有管理できるアプリです。PC用のWebサイトから、iPhone/Androidアプリ、WindowsやMacのPC版も提供されています。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • テキストだけでなく画像、音声、Webサイトなどをすぐに保存できる
  • PCやスマホの自動同期ができる
  • OCRやタグ機能で効率よく検索できる

使い方

はじめにアカウント登録が必要です。メールアドレスとパスワードを入力して「アカウントを作成」をタップします。

プランを選択する画面が表示されます。無償で利用できる「ベーシック」をお勧めします。「ベーシック」をタップします。

ベーシックでは同期できる端末が2台、月間アップロード容量が60MBとなります。問題ありませんでしたら、「ベーシックを選択」をタップします。

「利用を開始」をタップします。

一覧が表示されます。早速メモを追加してみましょう。下にある「+」ボタンをタップします。

メモを入力します。1行目がタイトル、2行目以降が本文となります。

下部のメニューボタンより画像を追加することも可能です。その他、音声入力や手書きもできます。

さらに、タグをつけること可能です。タグをつけておくと後で検索が楽になります。「i」のアイコンを押してみましょう。

メモの作成日時などの情報が表示されます。「タグの追加」をタップします。

タグ名を入力します。今回は「ネタ」としました。入力後、「完了」をタップします。

これで、タグが追加されました。「閉じる」をタップします。

メモ完成後は、「完了」をタップしましょう。

これで、メモが作成され一覧に表示されました。

一覧上でメモをスワイプするとショートカット登録や、スヌーズ(一定期間後に通知)、削除などの操作が可能です。

また、Webページの内容を直接Evernoteに投稿することが可能です。Safariを開き、「共有」アイコンを押すと「Evernote」が追加されていますので、こちらをタップします。

ダイアログが表示されますので「保存」ボタンをタップして保存します。また、このダイアログでタグ名やノートを指定することも可能です。

これで、EvernoteにWebページの内容が投稿されました。

また、Evernoteには複数のメモをグルーピングする「ノート」という機能があります。左下の「ノート」のアイコンをタップするとノート依頼が表示されます。「+」を押してノートを追加してみましょう。

ノート名を入力して「作成」をタップします。

これでノートが追加されました。

作成済のメモについては、一覧より編集画面を開き、右上の「…」ボタンより今作ったノートに移動することができます。

また、Evernoteはスマホ版の他、PC版やWebブラウザ版もあります。以下はPC版の画面です。同一アカウントでログインすることでPCとスマホ間でメモを共有することが可能です。

 

解説動画(YouTube)

価格

無料版では60MBのストレージ制限や同一アカウントで同期できる端末が2台までの制限がありますが、作成できるノートブックに制限はありません。(また、Webブラウザ版であれば同期の端末数にはカウントされません。)有料プランにアップグレードすると、広告が非表示になるなどの機能も追加されます。

サイト情報

https://evernote.com/intl/jp/

日本語にも対応しています。

-情報収集
-, , , , , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.