ファイル・メモ

複数のデバイスで同期できるメモアプリ「Google Keep」

投稿日:2018年12月31日

電車などでふと思いついたときにスマホでメモを取る方も多いと思いますが、PCなどの共有するとなると面倒ですね。そこでGoogle Keepをご紹介します。Google Keepは複数のデバイスで簡単に共有が可能なGoogleのメモアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • Googleアカウントで複数のデバイスで同期できる
  • メモに文字だけではなく画像や音声を挿入できる

使い方

GoogleKeepでメモをする

アプリを起動すると、初回起動時、この画面が表示されます。「利用する」をタップします。次にGoogleアカウントにログインして利用を開始します。※このアプリを利用するにはGoogleアカウントが必要です。

メモを入力する場合は、画面下部の「メモを入力...」をタップして、メモを入力します。

メモのタイトル・メモの内容を入力します。画面上部の「ピンアイコン」をタップすると、そのメモを画面の最上段に固定できます。

このように固定済みのメモは最上段に表示されます。
画面下部の「チェックアイコン」をタップすると、リストのメモを作成することができます。

メモを開いて「通知アイコン」をタップすると、メモを通知することができます。指定の時刻や繰り返しの通知が可能です。

画面下部の「筆アイコン」をタップすると、手書きのメモを作成することができます。

メモやリストは、背景色を変更することができます。自分好みのスタイルにアレンジしてメモアプリを活用できます。

解説動画(YouTube)

特徴

同様に複数デバイス間でメモや音声、画像を共有できるアプリとしてEvernoteがありますが、Google Keepは付箋形式でメモできることと、完全無料で容量無制限で使える点がメリットです。一方デスクトップ版がないなどのデメリットもありますので、両方使ってみて気に入ったほうを使うのが良いでしょう。

サイト情報

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/google-keep-メモとリスト/id1029207872
※App Storeのリンクになります。

URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.keep&hl=ja
※Google Playのリンクになります。

URL:http://keep.google.com/
※ブラウザ版のリンクになります。

-ファイル・メモ
-, , , , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.