ファイル・ドキュメント

複数PC間でスムーズにファイル共有できる「Dropbox」

投稿日:2018年6月26日

本日は定番アプリ、Dropboxを紹介します。Dropboxは複数のPC間でスムーズにファイル共有ができるアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • シームレスにファイル共有ができる
  • 同期速度も早い
  • 大容量(無料では2GB、1TBまで増やすことができる)

使い方

Web版、デスクトップ版(Windows、Mac)、スマートアプリ版(iPhone、Android版)が提供されていますが、Windows版でご説明します。はじめにユーザー登録が必要です。ユーザー登録してログイン後、右上のユーザー名の箇所をクリックし、インストールを選択すると、インストーラがダウンロードされますので、デスクトップ版をインストールします。(なお、インストールせずにこのWeb上でファイルをアップロードして共有も可能ですが、デスクトップ版の方が圧倒的に使い勝手が良いのでぜひインストールしましょう。)

インストール後、起動するとログイン画面が表示されますので、ユーザー登録したID、パスワードでログインします。Wundows版の場合は規定でC:\Users\ユーザー名\Dropboxという場所にフォルダが作成されます。また、Windowsエクスプローラの左側にもDropboxフォルダのショートカットフォルダが表示されますので、このフォルダに共有したいファイルをコピーします。

同様に共有したいPCにも同様の手順でDropboxをインストールし、同様のアカウントでログインすることで、ファイルを共有することができます。

また、Dropboxフォルダ上にあるファイルかサブフォルダを右クリックして「共有」にて他のDropboxアカウントに特定のファイルやフォルダを共有することが可能です。同様にファイルを右クリック→「リンクをコピー」を選択するとダウンロードURLがクリップボードにコピーされます。このURLを案内することでDropboxユーザー以外の方に配布することも可能です。

解説動画(YouTube)

価格

無料プランでも2GBまでの制限があります。有料プランにアップグレードすると容量が追加される他、共有リンクの期間やアクセス設定ができるようになります。

また、無料プランでも友達の紹介することで容量を増やすこともできます。1 人紹介するごとに 500 MB、最大で 16 GB の容量まで増やすことができます。

価格などの詳細は以下のサイトに掲載されています。
https://navi.dropbox.jp/dropbox-pay

特徴

他の有名なファイル共有サービスとしてはGoogleドライブ、Oneドライブがあります。無料プランで提供されるストレージ容量に関しては、Googleドライブが15GBとなりますので、容量を求める場合はGoogleドライブの方が良いでしょう。一方、Dropboxのメリットはファイルの同期が早いこと、削除したファイルの復元が可能な点です。速度や安全性を求める場合はDropboxがおすすめです。

以下に比較内容がまとめられています。
https://navi.dropbox.jp/online-storage-recommended

サイト情報

URL:https://www.dropbox.com/ja/
海外サイトですが日本語に対応しています。

-ファイル・ドキュメント
-, , , , , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.