開発・運用

QRコードをオンラインで作成できる「QRコード生成」

投稿日:

QRコードはホームページや決済サービスなど、様々な個所で使われるようになりました。今回はこのQRコードを作成するサービスを生成するWebサービスを紹介します。QRコード生成は、様々な種類のQRコードが簡単に作成できるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 様々な種類のQRコードがオンラインで作成できる
  • サイズやカラー、囲み文字など細かな部分もカスタマイズできる

使い方

文字用のQRコードを生成する

QRコードを作成する文字を入力します。任意の文字を入力して、セルサイズやセル数、誤り訂正、囲み文字を使用するかどうか、画像形式などのオプションを選択し注意事項・制約事項を確認し、「QRコードを作成する」のボタンをクリックします。

作成されたQRコードは以下になります。「小さく」「大きく」のボタンをクリックするとサイズ変更が簡できます。最後に「ダウンロード」して保存しましょう。思うようにならなくても「QRコードを再度作成する」で、何度も作り直せます。また、作成したQRコードは自身で読み取り確認をしましょう。

URL用のQRコードを生成する

また、ホームページなどのURLのQRコードも生成できます。「URL用QR」をクリックするとURL用QRコードの生成画面に切り替わりますので、QRコードを作成するURLを入力します。その後、「URLチェック&QR作成実行」のボタンをクリックします。

URLのチェックが行われます。もし、存在しないURLを指定した場合はチェックエラーとなりますので再度やり直してください。問題なければ、QRコードが生成されますので同様にダウンロードしましょう。

メールアドレス用のQRコードを生成する

また、メールアドレス用QRコードを生成することも可能です。「メールQR」をクリックするとURL用QRコードの生成画面に切り替わりますので、メールアドレスを入力します。その後、「メールチェック&QR作成実行」ボタンを押します。

入力したメールアドレスのチェック結果が表示されます。メールアドレスのチェックが行われ、「判定できない」「チェックエラー」になりましたら、メールアドレスが実在していないか、入力ミスかもしれませんので、再度やり直してください。問題なければ、QRコードが生成されますので同様にダウンロードしましょう。

作成済QRを一覧で確認する

作成したQRコードは、作成済一覧で確認できます。ただし、一定期間経過後は履歴も削除されてしまいますのでご注意ください。

以上がQRコード生成の使い方でした。オンラインでQRコードを生成できるサービスはありますが、QRコードは様々な種類のQRコードが作成できたり、設定後サイズを調整できるなど、細かな設定ができる点が魅力です。ぜひQRコードを生成したい方は当サービスをご利用いただければと思います。

制限

地図用QRを生成するメニューもありますが、本記事執筆時点では住所を入力した後必ず「該当する地図が見つかりませんでした」のエラーとなり、生成できないようです。文字やURL、メールアドレス用のQRコードは問題なく生成できます。

サイト情報

URL:https://www.cman.jp/QRcode/
運営会社:株式会社シーマン

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.