開発・運用

GUIでパーティションの管理が行える「MiniTool Partition Wizard」

投稿日:2019年3月7日

GUIでパーティションの管理が行える「MiniTool Partition Wizard」パソコンの中のハードディスクを整理整頓するためにはパーテーションで分割しておくことが効果的です。他にもデータのバックアップやパソコンの動作を快適にすることにも有効なのですが、知識がない人にとっては少し敷居の高いところでもあります。そこで今回はGUIでハードディスクのパーティションの分割や復元が行えるソフト「MiniTool Partition Wizard」をご紹介します。パーテーションの管理以外にもハードディスクの読み書き速度のベンチマークを確認したり、ハードディスクの使用状況の分析を行うこともできるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • ハードディスクのパーテーション管理をGUIで行うことができる
  • ハードディスク速度のベンチマークや使用状況を分析することができる

使い方

インストール

ダウンロードサイトから「MiniTool Partition Wizard 」をダウンロードしてください。EXE形式でダウンロードされますので、そのまま実行するとインストールが開始されます。

言語に「日本語」を選択します。

使用許諾が表示されますので「同意する」にチェックを入れて進めます。

インストール先を設定し、「次へ」をクリックします。

プログラムグループを設定し、「次へ」をクリックします。

追加タスクを設定し、「次へ」をクリックします。

「インストール」をクリックしてインストールを開始します。

インストール状況はプログレスバーで確認できます。

「完了」をクリックしてインストールを完了します。

初回起動時はホーム画面が表示されます。右上の「アプリケーションを実行」をクリックしてください。

画面に使用中のパーテーションが表示されます。

パーテーションのサイズを変更する

パーテーションのサイズを変更するには、操作したいパーテーションを選択します。

画面左側メニューの「パーテーションの移動/サイズ変更」をクリックします。

「パーテーションの移動/サイズ変更」画面がポップアップ表示されます。

「サイズと場所」のスライダーを左右にドラッグすることでサイズを任意に指定できます。

サイズが決まったら「OK」ボタンをクリックします。

ディスクのサイズが変更されました。

パーテーションを結合する

パーテーションを未割り当ての領域と結合することができます。結合するには操作したいパーテーションを選択してください。

画面左側メニューから「パーテーションを結合」をクリックしてください。

「パーテーションを結合」画面がポップアップ表示されます。

結合元のパーテーションを選択して「次へ」をクリックします。

結合するパーテーションを選択して「完了」をクリックします。

パーテーションが結合されました。

パーテーションを作成する

未割り当ての領域から新しくパーテーションを作成することができます。パーテーションを作成するには未割り当ての領域をクリックします。

画面左側メニューから「パーテーションの作成」をクリックします。

「パーテーション新規作成」画面がポップアップ表示されます。

作成するパーテーションの「ラベル」「パーテーションタイプ」「ドライブ文字」「ファイルシステム」「クラスタサイズ」を設定して「OK」をクリックします。

新しいパーテーションが作成されました。

パーテーションを削除する

パーテーションを削除して未割り当ての領域に戻すことができます。パーテーションを削除するには削除したいパーテーションを選択してください。

画面左側メニューの「パーテーションを削除」をクリックします。

パーテーションが削除され、未割り当ての領域になりました。

パーテーションをフォーマットする

パーテーション内のデータをフォーマットすることもできます。フォーマットするパーテーションを選択してください。

「パーテーションフォーマット」画面がポップアップ表示されます。

フォーマットする際に「パーテーションのラベル」「ファイルシステム」「クラスタサイズ」を変更することができます。「OK」をクリックすることでフォーマットが行われます。

ディスクのベンチマークを確認する

ディスクへの読み書き速度のベンチマークを確認することができます。確認したいパーテーションを選択して、画面上部の「ディスクベンチマーク」をクリックします。

「ディスクベンチマーク」画面がポップアップ表示されます。「開始」をクリックして測定を開始します。

ディスクのテストが行われます。

完了するとベンチマークが表示されます。

ディスクの使用状況を分析する

ディスクの使用状況を確認することもできます。確認したいパーテーションを選択して、画面上部の「ディスク使用状況の分析」をクリックします。

「ディスクの使用状況の分析」画面がポップアップ表示されます。「スキャン」をクリックして分析を開始します。

分析結果が開始されます。

分析結果が表示されます。

特徴

パーテーションの管理はWindows10標準の「ディスクの管理」でも行うことができますが、パーテーションの拡張には未割り当ての領域が隣接する必要がある等の制限があります。「MiniTool Partition Wizard 」はそのような制限はありませんし、今回ご紹介したハードディスクのベンチマークの測定や使用状況の分析等の便利な機能もあります。ハードディスクを一元管理したい場合にはおすすめなソフトです。

価格

「MiniTool Partition Wizard 」は無料ソフトですが、有料版となる「プロ版」と「プロ・アルティメット版」があります。有料版を使用することでNTFSをFATに変換する機能やパーティションを復元する機能なども利用可能となります。価格はPC1台用であれば5,980円(1年間のみのアップグレード保証は4,580円)、PC3台用であれば11,200円となっています。

サイト情報

URL:https://www.partitionwizard.jp/

MiniTool Partition Wizardの評判(口コミ)

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.