検索

チケットベースでスケジュール管理ができる「Redmine」

チケットベースでスケジュール管理ができる「Redmine」

今回はスケジュール管理アプリの定番「Redmine」を紹介します。Redmineはチケットベースでスケジュールが可能なオープンソースのソフトウェアです。

使い方

Redmineのインストール

はじめにRedmineのインストーラをダウンロードしましょう。Redmineサイトの「ダウンロード」をクリックすると以下のページが表示されます。Redmine本体だけでなくRubyやMySQLなどもまとめてインストールできる「BitNami Redmine」というインストーラが提供されていますので、こちらをクリックします。Redmineサイトでダウンロードをクリックした後の画面

様々なプラットフォームが提供されていますが、今回はWindows版をダウンロードします。「Win/Mac/Linux」をクリックし、続けて「Download for Windows」をクリックします。Redmineのプラットフォーム選択画面

ユーザー登録を促すダイアログが表示されます。登録すると更新情報などをメールで受け取ることができますが、登録しないことも可能です。今回は登録なしですすめますので一番下の「No thanks,just take me to the download」をクリックします。Redmineのユーザー登録画面

インストーラのダウンロードダイアログが表示されますので、「ファイルを保存」で保存しましょう。Redmineインストーラのダウンロードダイアログ

ダウンロード完了後、インストーラを起動します。はじめに言語を選択する画面が表示されますので「Japanese – 日本語」を選択して「OK」ボタンをクリックします。Redmineインストーラの言語選択画面

セットアップの開始画面が表示されます。「次へ」をクリックします。Redmineインストーラの起動直後の画面

コンポーネントの選択画面が表示されます。そのまま「次へ」をクリックします。Redmineインストーラのコンポーネント選択画面

Bitnami Redmine Stackのインストール場所を選択する画面が表示されます。Bitnami Redmine Stackとは、ApatchやMySQLなどを含めたRedmineコンポーネントの総合管理ツールとなります。特に変更なしで構いませんので、そのまま「次へ」をクリックします。Redmineインストーラのインストール場所選択画面

続けて、Redmineの管理者アカウント設定画面が表示されます。ログイン名やパスワード、メールアドレスを入れて「次へ」をクリックします。Redmineインストーラの管理者アカウントの設定画面

WebサーバーであるApatchのポート番号を指定します。既定は81番となりますが、もし他のアプリでこの番号が使われている場合は変更してください。設定後「次へ」をクリックします。RedmineインストーラのWebサーバーポートの設定画面

データベースの言語を選択する画面が表示されます。「日本語」を選択して「次へ」をクリックします。Redmineインストーラのデータベース設定の言語選択画面

SMTPの設定画面が表示されます。設定することでRedmineのメール通知機能が使えるようになりますが、メール通知機能を使わないのであればSMTP設定をしないことも可能です。今回はチェックボックスを外して「次へ」をクリックします。RedmineインストーラのSMTP設定画面

Bitnamiクラウドホスティングの案内画面が表示されます。チェックがONの場合は、インストール中にAll-in-oneインストーラ提供元のBitnami社のクラウドサービスの紹介が表示されますが、OFFにしても問題ありません。今回はチェックボックスを外して「次へ」をクリックします。RedmineインストーラのBitnamiクラウドホスティングの画面

これで、インストールの準備ができました。インストールを開始する場合は「次へ」をクリックします。Redmineインストーラの最終確認画面

インストールが始まります。10分程度かかりますので待ちましょう。Redmineのインストール実行中の画面

インストール終盤になると、Apatchのアクセス許可画面が表示されますので「アクセスを許可する」をクリックしてください。Redmineのインストール中に表示されるApatchのアクセス許可画面

以下の画面が出ればインストール完了です。「終了」をクリックします。Redmineのインストール完了画面

Redmineの起動

Redmineを起動するには、Internet Explorerなどのブラウザソフトで「http://サーバー名:ポート番号/redmine/」にアクセスします。例えば、ローカルにインストールして、Apatchのポート番号を81にしている場合は「http://localhost:81/redmine/」となります。以下のダッシュボード画面が表示されれば問題なく起動できています。Redmine起動直後の画面

もし、上記画面とならない場合は必要なサービスが起動していない可能性があります。Windowsのスタートメニューより「Bitnami Redmine Stack Manager Tool」を起動し、「Manage Servers」タブにて表示されるサービスがすべて「Running」となっているか確認してください。もし停止しているサービスがあれば選択後、「Start」で開始します。その他、外部のPCからアクセスしている場合は、ファイアウォールの設定でApatchのポート番号がアクセス許可されているか確認してください。Redmineの「Bitnami Redmine Stack Manager Tool」の画面

ユーザーを作成する

それでは、早速Redmineを使ってみましょう。右上の「ログイン」をクリックします。Redmineのホーム画面

ログイン画面が表示されますので、インストール時に指定したログインID、パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。Redmineのログイン画面

ログイン後はまず、ユーザーを登録しましょう。「管理」メニューをクリック後、「ユーザー」をクリックします。Redmineの管理メニュー画面

ユーザー一覧が表示されますので「新しいユーザー」をクリック。Redmineのユーザー一覧画面

ユーザー名、パスワードなどを入力して「作成」ボタンをクリックします。同様の手順でプロジェクトメンバー分だけ作成しましょう。Redmineのユーザー作成画面

プロジェクトを作成する

次にプロジェクトを作成しましょう。「プロジェクト」メニューにある「新しいプロジェクト」をクリックします。Redmineのプロジェクト一覧画面

プロジェクトの登録画面が表示されますので、プロジェクト名が概要を入力して「作成」ボタンをクリックします。Redmineのプロジェクト作成画面

これでプロジェクトが作成されました。続けてこのプロジェクトにメンバーを追加しましょう。「メンバー」タブをクリック後、「新しいメンバー」をクリックします。Redmineの設定メニュー>メンバータブを選択した後の画面

さきほど作成したユーザーが表示されていますので、選択して「追加」をクリックします。これで、ユーザーがプロジェクトを見れるようになります。 Redmineのメンバー選択画面

チケットを作成する

続けて、タスクの単位となる「チケット」を登録しましょう。「チケット」メニューの「新しいチケット」をクリックします。Redmineでチケットメニューを選択した後の画面

チケット名の他、詳細内容を入力します。「トラッカー」では「機能」か「バグ」が選択できます。通常のタスクの場合は機能、障害であればバグを入力します。その他、担当者や開始日、期日、予定工数などを入力して「作成」ボタンをクリックします。Redmineのチケット作成画面

作成したチケットは「チケット」メニューで一覧表示できる他、チケット項目を右クリック→「進捗」より進捗率を登録できます。Redmineのチケット一覧画面

スケジュールを管理する

チケットの作成後、「ガントチャート」を開くとスケジュールの進捗状況が確認できます。Redmineのガントチャート画面

また、Redmineは工数管理もできるのが特徴です。チケット一覧でチケットを右クリック→「時間を記録」にて、工数を記録することができます。Redmineのチケット一覧で右クリックメニューを表示している状態の画面

時間や内容を入力して「作成」を押します。Redmineの工数入力画面

その後、「作業時間」メニューを開き、「レポート」をクリックすると工数一覧を見ることができます。ユーザー毎やタスクごとなど、様々な視点で見ることができます。Redmineの工数一覧画面

その他、「Wiki」メニューにて記法で関連ドキュメントなどの開発者向け情報を共有することができます。また、ファイルをアップロードすることも可能です。RedmineのWiki画面Wikiの作成には、textile記法を利用する必要があります。詳細は以下をご覧ください。
http://redmine.jp/tech_note/textile/

プラグインをインストールする

以上がRedmineの基本的な使い方でしたが、Redmineには機能拡張するためのさまざまなプラグインが提供されており、用途に応じて自由に機能を追加することができます。おすすめのプラグインをご紹介します。

Easy Gantt

ガントチャートを便利にするプラグインです。標準のガントチャート画面では閲覧のみとなりますが、当プラグインをインストールするとガントチャートが編集などが可能となります。無料版の他、複数のガントチャートを横断で閲覧・編集できるPro版もあります。RedmineのEasy Ganttプラグインの画面ダウンロードURL:https://www.easyredmine.jp/redmine-gantt-plugin

WorkTime

本格的に工数入力をするためのプラグインです。月単位で工数表を表示できる他、専用の工数入力画面で自身が担当する工数を効率よく入力できるようになります。工数一覧のCSVダウンロードも可能となります。RedmineのWorkTimeプラグインの画面ダウンロードURL:https://github.com/tkusukawa/redmine_work_time

Clipboard image paste

ファイルの添付機能にて、クリップボードにコピーした画像データを直接ファイル添付できるようになります。リサイズや切り取りもできるので、スクリーンショットを張り付けたい場合は効率化できます。RedmineのClipboard image pasteプラグインの画面

ダウンロードURL:https://github.com/peclik/clipboard_image_paste

Abusolute Dates

標準では、チケットの詳細画面上部の表示が「●日前の作成」など、相対日付で表示されますが、土日・祝日を挟んだ場合などにわかりにくくなります。
当プラグインをインストーすると、「●年●月●日」の絶対日付で表示変更してくれます。RedmineのAbusolute Datesプラグインの画面

ダウンロードURL:https://github.com/suer/redmine_absolute_dates

その他にも多くのプラグインが提供されています。一部有償のものもありますがほとんど無料で使えますので、ぜひお使いのプロジェクトに応じて追加してください。

特徴

Redmineはプラグインにより自由に拡張できる点が最大のメリットです。オープンソースなので費用も無償ですが、自社サーバーに構築する前提のため、サーバー費用や保守メンテナンスは必要となります。他社プロジェクト管理ツールとの違いについてはこちらの比較記事をご覧いただければ思います。

サイト情報

URL:http://redmine.jp/

Redmineの口コミ

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました