検索

進捗やリソース管理も可能な「Lychee Redmine」

オープンソースのプロジェクト管理ツール「Redmine」を使うことで障害やタスクをチケットベースで管理できますが、プロジェクトの進捗管理やリソース管理など、よりプロジェクトを統合的に管理したい場合Redmineだけでは難しくなります。そこでおすすめするプラグインが「Lychee Redmine(ライチ レッドマイン)」です。Lychee RedmineはRedmineに進捗やリース管理機能を追加するプラグインです。

使い方

デモサイトにアクセスする

Lychee Redmineではサイトトップ画像の右下にある「デモサイトで今すぐ体験!」よりすぐに試用することができます。こちらをクリックしましょう。

サンプルデータの入ったかたちでLychee Redmineのガントチャート画面が表示されます。

ヘッダー部分を拡大したのがこちらです。このうちマークの入っているものがLychee Redmineで追加された機能になっています。(その他の機能はRedmine標準の機能になります。これらの機能についてはhttps://webcli.jp/topics/redmine/でご紹介しています。)

進捗管理を行う

進捗機能から見ていきましょう。ガントチャート画面では左上の「チケットの追加」からチケットを追加することができます。

以下のダイアログが表示されますので種別やチケット名、対象のプロジェクトや工数などを設定して「保存」ボタンをクリックします。

これでガントチャート上にタスクが追加されました。

タスクの追加後は、バーをドラッグすることによって、期間を移動することができます。その他マウスドラッグでタスクの順番入れ替えや、関連線などの設定、上部メニューにある「Undo」でやり直しなどの操作も可能です。ガントチャート機能はRedmine標準でも用意されていますが、標準では読み取り専用となっています。Lychee Redmineではこのようにタスク(チケット)の情報を編集できるところがメリットになります。

さらに、Lychee-Redmineでは「工数の見える化」をONにすることで工数をメンバーごと、日ごとに工数を確認することができます。

さらに右上にある「PDF」よりガントチャートをPDFに出力することができます。

出力されるPDFは以下のようになります。設定により出力サイズや表示倍率なども設定可能です。

また、Lychee Redmineではカンバン方式でタスクの進捗を確認することもできます。上部メニューにある「カンバン」をクリックすると進行中のものや完了済のタスクが付箋形式で確認できます。

「担当者別」に切り替えると「担当者」列が追加され、担当者ごとにタスクの確認もできます。

また、「バックログ」を閲覧するとイテレーションごとに、タスクや工数のサマリーを確認することができます。

「EVM」をクリックするとEVMグラフの他、SPI(スケジュール効率指数)、CPI(コスト効率指数)のグラフが表示されます。ひとめで進捗が順調さを確認することができます。

レポートをクリックするとタスクや不具合の消化率レポートが表示されます。マネージャーなどの責任者の情報が表示される他、「総評」を入力することができ、部内の進捗ミーティングなどで活用できる機能となっています。

また「プロジェクトレポート」ではプロジェクトを横串しで実績チェックできます。こちらは経営層の方やPMOの方など、多くのプロジェクトから問題プロジェクトをすぐに把握したい場合に役立つ機能になっています。

リソース工数管理を行う

また、Lychee Redmineではリソース工数管理も行うことができます。ヘッダーにある「リソースマネジメント」をクリックします。続けて、「集計対象項目の追加」のプルダウンで「プロジェクト」を選択してみましょう。

すると、プロジェクトごと、日ごとに工数の消化状況が確認できます。

続けて、集計対象項目に「ユーザー」を追加するとユーザー列が追加され、プロジェクト、ユーザー毎に工数を確認することができます。ユーザーのリソースの空き状況等が一目でわかるものとなっています。

その他、「タイムマネジメント」では自身のスケジュール表が確認できます。

また、「プロジェクトカレンダー」に切り替えることでプロジェクトメンバーのスケジュールをまとめて確認することができます。

以上でLychee Redmineの主な機能をご紹介しました。プロジェクトが大規模になるほど、進捗やリソースは見えづらくなってしまいますが、Lychee Redmineであれば進捗・工数をまとめて管理でき、EVMなどにより見える化ができますので、本格的なプロジェクトでお使いいただけますRedmine標準と比べれば有償となりますが、クラウド版であれば自身でRedmineを構築することなく、すぐに本格的なプロジェクト管理が利用できることも魅力です。プロジェクト管理効率化のためにぜひ導入いただいてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

価格

無料でも10ユーザーまでご利用できますが、工数リソース管理機能やプロジェクトレポートなどの機能は使えないといこと、またチケット数5000件、容量は2GBまでのまでの制限があります。有料プランでは、進捗やリソースなどの機能単位ごとに申し込むことができます。例えば、クラウド版でガントチャートなどのスケジュール機能を利用したい場合は5000円/月、工数リソース管理を利用したい場合は3000円/月、両方であれば合算で8000円/月となります。(ユーザーはいずれも10ユーザー単位となります。)詳細は以下のドキュメントをご覧ください。
https://lychee-redmine.jp/wp-content/themes/agileware/assets/pdf/Lychee_price.pdf

また、まもなく1ユーザーあたりの新価格プランも始まるようです。タスク・進捗管理ができるスタンダードは800円/月、さらに工数リソース管理もできるプレミアムプランは1600円/月となる予定です。

サイト情報

URL:https://lychee-redmine.jp/
運営会社:株式会社アジャイルウェア

Lychee Redmineの口コミ

平均: 
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました