情報収集

SNSで話題の記事をすぐに見つける「RUNDA」

投稿日:2019年5月22日

ネットでのニュース検索にGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使う方も多いと思いますが、最近ではTwitterやFacebookなどで発信された最新の情報を閲覧できるサービスが登場してきました。今回はその中でもおすすめの検索サービスをご紹介します。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • SNSで話題となっている最新情報を入手できる

使い方

記事の検索をするにあたってどの時点の範囲の記事を検索するのかを選択します。「昨日」「直近1週間」「直近1ヶ月」の3つのうちから検索範囲を設定します。次に、検索バーの所に検索したいワードを入れ、検索ボタンを押します。
試しに「ニュース」というキーワードで検索してみます。以下のような検索結果が表示されます。
キーワードにマーカーが引かれてかなり見やすく表示されています。そして、検索結果には、「記事タイトル」「記事本文(冒頭の一部のみ)」「掲載日」「記事URL」「掲載メディア名」「Facebookいいね!数」「はてなブックマーク数」が現れます。
また、この検索結果を、Facebookやtwitterに投稿することもできます。(無料版では表示件数は30件までとなっています。)また、右隣のウインドウには閲覧時の前日に国内のSNSで反響があった記事のトップ20がランキングされています。なお毎日午後5時に定期更新されます。

特徴

現時点で何が話題になっているかを把握するにはYahooやLINEトップニュースでも可能ですが、「RUNDA」を利用すればfacebookの「いいね」数により正確に把握する事ができます。より最新のトレンドを知りたい方にはRUNDAがおすすめです。

価格

Free版は検索結果の表示数が30件で、検索期間は「昨日」「直近1週間」「直近1ヶ月」と3パターンのみとなりますが、Pro版を契約することで対象の期間を自由に決められるようになります。その他にもPro版では全25カテゴリから検索するメディアを選択する事が可能な他、検索結果については「話題順」「掲載日順」「Facebookいいね!順」「はてなブックマーク順」で昇順・降順にそれぞれソートできるようになります。検また、オプションで検索結果のCSVダウンロード(2万円)、関連ワードリスト表示(1万円)も用意されています。以下のフォームよりPro版の5日間トライアルが可能となっています。気になる方はフォームに従って申し込んで見てください。申し込み後、2〜3日後にIDとパスワードを発行したメールが届きます。
https://runda.jp/concept/#concept

サイト情報

URL:https://runda.jp/
運営会社:アウル株式会社

-情報収集
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.