情報収集

オフラインで地図表示ができる「MAPS.ME」

投稿日:

目的地に向かう時に必須になる地図アプリですが、長時間のマップ表示やナビゲーションとなると通信制限が気になります。そんな問題を解決してくれるのがオフライン地図アプリ「MAPS.ME」です。「MAPS.ME」はオフラインで地図を表示できるだけではなく、ルート検索することもできるアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • オフラインで地図の表示ができる(圏外の場所でも表示できる。)
  • 簡単操作で使いやすい

使い方

アプリの初期設定をしよう

はじめにアプリを起動し、通知の送信を許可します。「許可」をタップします。

次に位置情報の利用を許可します。「許可」をタップします。

その後、プライバシーポリシー・利用規約に同意し「次へ」をタップします。

最後にこの画面が表示されると設定は完了です。「完了」をタップし、アプリを使いはじめましょう。

オフラインで地図を表示しよう

設定が終わると地図が表示されますが、はじめに現在地周辺の地図を自動的にダウンロードしてくれます。

次に、指定した場所の地図をダウンロードする方法を解説します。まず、画面右下のメニューから「マップをダウンロード」をタップします。

検索バーに地名を入力します。ためしに「東京」と入力すると、「東京都 45.7MB」がヒットします。「ダウンロード(↓)」をタップすると地図データがダウンロードできます。

「地図をダウンロード(45.7MB)」をタップすると地図データがダウンロードされます。※通信データ量を抑制するため、WiFi環境でのダウンロードを推奨します。


地図上で地図データをダウンロードしてない所をタップすると、ダウンロードを促す画面が表示されます。地図をダウンロードしたい場合は「地図をダウンロード」をタップします。


地図がダウンロードできれば、オフラインで表示することができます。東京皇居周辺をアップに表示してみましたが、通りの名前から店名まで表示されており、オンライン地図アプリと変わらない情報量です。

ルートを設定しよう

それでは地図アプリの必須機能、ルートの設定方法を解説します。今回は金沢→名古屋のルートを設定してみます。出発地をタップし、画面左下の「タップ」します。

次に到着地点を指定して「へのルート」をタップします。

ルートの間で必要な地図データをダウンロードします。「ダウンロード」をタップします。

地図データのダウンロードが完了するとルートが表示されます。ルートに問題がなければ「開始」をタップしましょう。

 以上が「MAPS.ME」の使い方でした。旅行・外出先では地図アプリが必須になってきますが、やはり長時間使用していると通信量が気になります。オフライン地図アプリ「MAPS.ME」は、その心配がありません。圏外の場所でも使うことができ、旅行前に必要な地図データをダウンロードしておけば、素早く地図を読み込むことが出来ます。

解説動画(YouTube)

サイト情報

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/maps-me-オフライン地図とナビゲーション/id510623322?mt=8
※App Storeのリンクになります。

URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mapswithme.maps.pro&hl=ja
※Google playのリンクになります。

-情報収集
-, , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.