検索

Googleタスクと同期できる「gTasks.」

Googleタスクと同期できる「gTasks.」タスク管理アプリには様々な種類がありますが、Googleタスクを使っている方におすすめのタスク管理アプリをご紹介します。「gTasks.」は、Googleタスクと同期することができるタスク管理アプリです。

使い方

アプリの初期設定

はじめにアプリを起動すると、カレンダーのアクセスを求められます。「OK」をタップしアクセスを許可します。

gTasksのカレンダーのアクセス許可画面

次に通知の設定です。「許可」をタップし、通知を許可します。

Googleタスクとの同期方法は別に解説します。今回は画面下部の「設定は後にしてgTasksを使い始める」をタップします。

gTasksのスタート画面アプリを開始するとタスクの表示画面に移動します。タスクを追加するときは画面下部の「+」をタップします。

gTasksのタスク一覧画面

新しいタスクの追加画面です。タスク名・優先度・期日・ノートなど情報を入力します。

gTasksのタスク追加画面

情報の入力が完了したら、「完了」をタップします。これでタスクが作成されます。

gTasksのタスク追加画面

マイタスクからタスクを削除する場合は、画面左下の「ゴミ箱アイコン」をタップします。

gTasksのタスク追加後のタスク一覧画面

はじめから作成してある不要なタスクは削除しましょう。

gTasksのタスクの削除確認画面

Googleタスクとの同期設定をする

 Googleタスクとの同期がなくても「gTasks」はアプリ単体で使用可能です。Googleタスクを既に使用している方は、同期設定することで更にタスク管理が効率化できます。
はじめに、マイタスク画面から画面左上の「リスト」をタップします。

gTasksのマイタスク画面

次に画面左上の「歯車アイコン」をタップし、設定を開きます。

gTasksのリスト設定画面

設定画面から「Googleタスクとの同期」をタップします。

gTasksの設定画面

次に「Googleアカウントの追加」をタップします。

gTasksのタスク同期画面

アカウントの追加からGoogleへログインすると、gTasksのアクセスリクエストが表示されます。画面右下の「許可」をタップします。

gTasksのアカウントのアクセス許可リクエスト画面

Googleタスクの同期画面に同期したいアカウントが表示されていれば、同期完了です。

gTasksのアカウント追加後のタスク同期画面

 以上が「gTasks.」の使い方でした。GoogleタスクはGoogleカレンダーやGmailと連携ができますが、単体では細かな設定を行うことができません。gTaskがあればGoogleタスクだけではできない細かな設定もできるようになります。Googleタスクをご利用の方は、あわせてご利用いただいてはいかがでしょうか。

制限

iOS版のみインストール対応しています。Android版はありません。

価格

gTasksは無料でもご利用いただけますが、Pro版にアップグレードすると、さらにサブタスク登録やスヌーズなどの機能を使うことができます。設定画面からPRO版へアップグレードできます。Pro版の価格は720円/年 です。

サイト情報

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/gtasks/id428249408?mt=8
※App Storeのリンクになります。

gTasks.の口コミ

平均:  
 1 件
by ひろとみ on gTasks.
多機能すぎてわかりにくい

Googleタスクと連携できるとにかく多機能で何でもできるアプリです。しかし多機能すぎてUIが見づらく初心者にとって何からやればいいのかよくわかりません。その一方でプロ版でないとスヌーズなどの基本的な機能が使えないのも微妙でした。

口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました