検索

PDFファイルを高速に開くことができる「Foxit Reader」のインストールと使い方

超高速なPDFリーダー「Foxit Reader」PDFファイルを開くのに時間がかかっていませんか?そんな方にご紹介したいソフトがFoxit Readerです。本記事では、Foxit Readerのインストール方法と基本的な使い方をご紹介します。

Foxit Readerとは?

Foxit ReaderとはPDFファイルを閲覧するための専用ツールです。リリース当初は英語版のみでしたが、最新バージョンでは日本語化もしました。(なお、以前は日本語対応版は「Foxit J-Reader」という別製品でリリースされていましたが、最新バージョンでは「Foxit Reader」に名称統一されています。)

PDFリーダーとしては、Acrobat社の「Acrobat Reader」が有名ですが、Foxit ReaderはAcrobat Readerよりも高速に開くことができるのが特長です。普段パソコンを使って仕事している方はPDFファイルを開く機会は多いと思いますので、インストールするだけで効率アップ間違いなしです!以下の手順で簡単にインストールできますので、ぜひ入れておいていただけたらと思います。

Foxit Readerのダウンロード

まずはFoxit Readerのインストーラをダウンロードしましょう。Foxit Readerのダウンロードサイトにいき、上部メニューにある「ダウンロード」メニューをクリックします。プラットフォーム別に製品のダウンロード一覧が表示されますので、お使いのOSに応じてここからダウンロードします。今回は例としてWindows版をダウンロードしますが、Mac版やiOS、Android版も用意されています。

Foxit Readerサイトの画面

入力フォームが表示されます。最低限、名前とメールアドレスを入力すればダウンロードできます。入力後、「送信する」ボタンをクリックします。
Foxit Readerサイトのダウンロード画面入力したメールアドレス宛にインストーラのダウンロードURLが送られますので、URLにアクセスしてダウンロードします。

Foxit Readerのダウンロード後に送信されるメール内容

これでダウンロード完了です。

スポンサーリンク

Foxit Readerのインストール

ダンロード後は続けて、Foxit Readerのインストールしましょう。ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、以下の画面が表示されます。「次へ」ボタンをクリックします。

Foxit Readerのインストーラ起動直後の画面

ソフトウェア使用許諾書が表示されます。問題なければ「次へ」をクリックします。

Foxit Readerインストーラのソフトウェア使用許諾書の画面

インストールディレクトリを指定する画面が表示されます。任意の場所を指定して「次へ」をクリックします。

Foxit Readerインストーラのインストール場所の選択画面

コンポーネントの選択画面が表示されます。「Foxit Reader Creater」の各オプションはOffice製品にFoxit Readerのメニューを追加するオプションです。追加すると、Office製品のリボンメニューからPDF変換ができるようになりますが、今時のOfficeであれば「名前に付けて保存」からPDF変換ができるため、OFFでも問題ないと思います。選択後、「次へ」をクリックします。

Foxit Readerインストーラのコンポーネント選択画面

ショートカットの設定画面が表示されます。「Foxit Readerを既定のPDFリーダーに設定」と「ブラウザでPDFファイルを表示」はぜひONにしていただくことをおすすめします。ONにしておくと、これらはPDFファイルをダブルクリックした際やブラウザでPDFのリンクをクリックした際に、Foxit Readerで開くようになります。その他のショートカットはお好みで設定いただけたらと思います。選択後、「次へ」をクリックします。

Foxit Readerインストーラのインストール後の実行タスクの設定画面

保護モードの設定画面が表示されます。「保護モードを有効にする」はウィルス対策のためにONにすることをおすすめします。デフォルトでONになっていますので、そのまま「次へ」をクリックします。

Foxit Readerインストーラの保護モードの設定画面

インストールの確認画面が表示されます。問題なければ「インストール」ボタンをクリックします。

Foxit Readerインストーラのインストール確認画面

以下の画面が表示されればインストール完了です。「完了」ボタンをクリックします。

Foxit Readerインストーラのインストール完了画面

以上でインストールは完了です。

Foxit Readerの使い方

PDFを開く

続けて、Foxit Readerが起動されますので、「開く」→「コンピュータ」より、PCにあるPDFファイルを開いてみましょう。

Foxit Reader起動直後の画面

今回はサンプルとして、bizoceanからテンプレートをダウンロードして開いてみました。PCのスペックにもよりますが、だいたい1秒~2秒ぐらいで開くと思います。これまでPDFリーダーにAcrobat Readerを使っていた方は、その起動時間の速さにきっと驚くことでしょう!

Foxit ReaderでPDFを開いた状態の画面

 

また、インストール時の設定で「Foxit Readerを既定のPDFリーダーに設定」をONにしていた場合は、PDFをダブルクリックするだけでFoxit Readerで開かれるようになります。

また、同時に複数のPDFファイルを開いた場合は、マルチタブ(Foxit Reader内にタブが追加される方式)で開かれます。

Foxit Readerで複数のPDFをマルチタブで開いた状態の画面

もし、マルチタブではなく別ウィンドウで開きたい場合は、「環境設定>文書>複数ウィンドウの起動の許可」をONに変更することで変更可能です。

Foxit Readerの環境設定画面

PDFを編集する

また、Foxit Readerは主にPDFを読み込むためのアプリですが、ある程度PDFの編集機能も付いています。例えば、「注釈」メニューからテキストや図形、スタンプの追加、ハイライト表示等の編集ができます。

Foxit ReaderのPDF編集中の画面

また、電子署名も可能です。「PDF サイン」タブにある「サインを作成」をクリックします。Foxit Readerで「PDF サイン」タブを選択した状態の画面ダイアログが表示されますので、「サインを書く」をクリックします。

Foxit ReaderのPDFサインの設定画面

サインを書く画面が表示されますので作成後、「OK」ボタンをクリックします。Foxit ReaderのPDFサインの描画画面続けて「保存」ボタンをクリックします。Foxit ReaderのPDFサインのプレビュー画面

これで、サインが登録されました。以降はサインを選択し、PDF内の任意の場所でクリックすることで署名を追加することができます。Foxit ReaderでPDFにサインした後の画面

ただし、Foxit ReaderではPDFの結合や回転といった編集はできません。Webのサービスとなりますが「SmallPDF」というツールで可能となっています。SmallPDFについては以下に詳しくご紹介していますのでよろしければご覧いただけたらと思います。

オンラインでPDFの変換や編集ができる「SmallPDF」
複数の PDFをまとめたり、PDFをWordに変換したいことってありませんか?SmallPDFはこのようなPDFの変換や加工作業がオンラインで実施できるWebサービスです。 使い方 S...

以上がFoxit Readerのインストールと使い方でした。今回はPC版でご紹介しましたが、iPhone版やAndroid版もリリースされています。仕事においてはPDFを閲覧する機会は非常に多いと思いますので、ぜひFoxit Readerで仕事を効率化しましょう!

サイト情報

URL:https://www.foxit.co.jp/products/foxit-reader/

Foxit Readerの口コミ

平均: 
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました