開発・運用

無料で容量を気にするこなく保存できるオンラインストレージサービス「Firestorage」

投稿日:2019年1月11日

スマートフォンの普及等により、動画や写真などを撮影する機会が増えましたがデータ容量も不足してしまいがちですね。おすすめなのが「Firestorage」です。Firestorageは無料で容量無制限で使えるストレージサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 無料勝容量無制限で利用できる

使い方

Firestorageのウェブページ上部から「無料会員登録」をクリックします。無料会員登録のページが表示されますのでメールアドレスを入力してください。Firestorageではメールアドレスのみで登録することができます。

登録したメールアドレス宛にパスワードなどが記載されたメールが送信されますので確認してログインします。

ログインが完了するとメンバー管理画面が表示されます。ここからデータのアップロードや様々な機能を利用することができます。

データをアップロードする

会員メニューから「アップロード」をクリックするとこのような画面が表示されます。4つの方法でファイルをアップロードすることができますが、ここでは簡単な「保存用アップロード」をクリックしてください。

ファイル一覧が表示されます。上部にある「SSLアップロード」をクリックしてください。右にあるアップロードでもアップロードは可能ですがセキュリティを強化するためにもSSLアップロードを利用することをおすすめします。

アップロードのウィンドウが表示されます。アップロードするファイルは最大250MBまでアップロードすることができます。

アップロードが完了するとこのような画面になります。

先程のファイル一覧ページでアップロードしたファイルが表示されていればアップロードは完了です!

解説動画(YouTube)

価格

Firestorageは無料で利用することができますが、1ファイルごとのアップロード容量を増やしたりサポート、広告の非表示などの機能を利用したい場合は有料プランへの加入が必要です。1ファイルが最大5GBまでアップロードできるライトプランは1018円/月、最大10GBまでアップロードできるプロプランは2047円/月となっています。

特徴

同じく容量無制限でアップロードできるGoogleフォトがありますが、FireStorageでは写真や動画以外のファイルもできる点がメリットです。また、FireStorageではGiga File便のように送信サービスとしても利用可能です。1ファイルあたりのアップロード容量はGoogleフォトやGiga File便の方が大きくなっていますので、扱うファイルサイズに応じて選ぶのが良いでしょう。

サイト情報

URL:http://firestorage.jp/
運営会社:Logicfactory

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.