検索

Webで契約書の署名ができる「Cloud Sign」

Webで契約書の署名ができる「Cloud Sign」日本ではまだまだ紙ベースでの締結が主流ですが、電子化することで郵送や印紙税のコストをなくし、効率をあげることができます。Cloud SignはWebで契約書の署名ができるサービスです。

使い方

アカウント登録

初めにアカウント登録が必要です。メールアドレス、パスワードを入力して「サインアップ」をクリックします。

以下の画面が表示されますので、メールボックスを開きましょう。

以下のようなメールが届いていますので、「登録を完了する」をクリックします。

以上でアカウント登録は完了です。

署名する

アカウント登録後、自動的にログインされます。「新しい書類の送信」をクリックします。

「新しく書類をアップロード」の欄にファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」ボタンで参照します。ファイル形式はPDFのみ可能です。今回はサンプルとして、bizoceanより取得したサンプルをアップロードしました。

契約書類名(必須)と会社名(任意)を選択して「次へ」をクリックします。

送付先を設定する画面が表示されますので、「宛先を追加」をクリックします。

メールアドレス、会社名、氏名を入れて「追加」ボタンをクリックします。

宛先に追加されました。「宛先の追加」を押すことで複数の宛先に送ることもできます。完了後、「次へ」をクリックします。

契約書のプレビュー画面が表示されますので、内容確認します。

また、メニューにある押印を契約書内にドロップすることで、押印欄の追加も可能です。

押印欄追加時は、自社用なのか先方用なのかもあわせて設定します。自社の押印欄に関しては、内容を記述して「次へ」を押しましょう。

これで押印が追加されました。「次へ」をクリックします。

「送信する」をクリックします。

宛先で設定したメールアドレス宛に以下のようなメールが送られます。「書類を確認する」をクリックします。

以下の画面が表示されます。(なお、宛先はCloud Signのアカウントを持っている必要はありません。)「書類の内容に同意」をクリックします。

「同意して確認完了」をクリックします。

完了画面が表示されます。これで契約締結となります!

以上でCloud Signの基本的な使い方を紹介しました。その他、オンラインで契約の承認状況を確認することや、「クラウドサインペイメント」という機能で、契約書の締結と同時にクレジットカード引き落としを自動でできるなど、書類ベースの契約ではできないメリットが沢山享受できます。ぜひ、Cloud Signで契約の電子化をしてみてはいかがでしょうか。

価格

フリープランですとユーザー数1名、月10件までは無料で利用できます。月額10000円のスタンダードプランに加入するとユーザー数無制限、契約書につき100円まででご利用できます。

サイト情報

URL        :https://www.cloudsign.jp/
運営会社:弁護士ドットコム株式会社

Cloud Signの口コミ

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました