検索

スッキリと目覚めできるようになる「Sleep Meister」

睡眠の質を高めることは自身の健康にとって必要不可欠であり大事なことです。今回ご紹介するのは快適に起きられるタイミングでアラームを鳴らしてくれるSleep Meisterをご紹介します。

使い方

アプリをインストール

アプリのダウンロードページからアプリのインストールをします。アプリのインストールの後、したの画面のようにヘルスケアとの同期設定について尋ねられます。特に問題がなければ、「許可」をクリックしましょう。

次にiOSの場合、ヘルスケアのページに飛ぶことになります。そこで「睡眠分析」のタブを有効へとクリックしましょう。

アプリの立ち上げで、使用方法についての説明が出てきます。具体的に、アラーム音の設定、睡眠サイクルの使用方法について出てきます。

起床時の音楽を設定する

まずは、起床時の音楽を設定します。iPod ミュージック、サウンドエフェクト、バイブレーションの中からお好みの音楽を選びます。今回は「iPodミュージック」を選択してみましょう。「iPodミュージック」をタップします。

次に、設定画面の右上の「追加」ボタンをタップします。

すると、iPodのライブラリ画面が表示されるのでお好みのプレイリストから音楽を選択します。お好みの音楽をタップすると音楽が追加されます。

また、サウンドエフェクトを選択するといろいろな種類のエフェクトが出てきます。自分のお好みで選択しましょう。今回は「Morning Alarm」を選択してみます。

 

さらに、バイブレーションの設定をします。オンとオフの設定ができるのでお好みで設定をします。今回は「オフ」に設定をします。

さらに、スヌーズについて設定をします。自分の起きるタイミングでスヌーズを設定します。1分から30分まで自分の好みのタイミングで設定が可能です。今回は「自動」を設定します。

次にアラームタイプを設定します。時刻選択、睡眠サイクル、アラームサイクルについて設定ができます。お好みに合わせて設定をしましょう。

次に、センサーの感度を設定します。最も弱いから最も強いまであります。特にこだわりがなければデフォルトの「普通」でいいと思います。

次に端末の内側カメラ付近を覆うと画面が消灯する近接センサについて設定します。こだわりがなければデフォルトの「オン」でいいと思います。

次に、背景画像を選びます。朝5時〜夜19時の風景の中から選択することができます。試しに16:00〜の夕方をバックにした風景をしてみましょう。ちなみに使用時間帯と風景とは一致しなくても構わないので自分の好きな時間を選択しましょう。

次に、自分が起きるアラームの時間を設定します。5分単位で時間を設定することができます。時間を設定した後はstartボタンを押しましょう。

そこで、実際に7時20分にアラームを設定しておきます。後は自分の枕元に携帯をおくと、設定した時間帯の中から最適なタイミングでアラームを鳴らしてくれます。一時的にストップをするときには矢印の再生ボタンを押しましょう。

また、自身の睡眠のデータも取得されています。具体的に、就寝時間、起床時間、睡眠時間、覚醒時間など細かなデータが上述で設定したセンサーのもと判断されます。ちなみに「就床時間」は睡眠STARTボタンを押してから、「入眠時間」は眠りに入った時間、「鳴動時間」はアラームがなる時間、「就床時間」は就床してから起きるまでの時間を表しています。他に「睡眠時間」、「覚醒時間」「入眠潜時」「中途覚醒」などを教えてくれます。そして、この一日のデータを積み重ねて統計的に自身の睡眠の時間について判断することができます。

以上がSleepMeisterの使い方でした。このアプリはレム睡眠を感知し、快適に起きられるタイミングでアラームが鳴らせるだけでなく、睡眠時間、中途覚醒などをデータ化することができます。また、寝言、イビキを自動で録音することもできますので、一人では気づきにくい異常も検査可能です。睡眠にお困りの方hあ、ご使用してみてはいかがでしょうか。

価格

無料版としてLite版が提供されていますが、Lite版では広告が表示されるという制限があります。120円で広告のないバージョンを購入することもできます。まずはLite版で使ってみて、愛用する際は、有料版をご検討いただければと思います。

サイト情報

URL:https://apps.apple.com/jp/app/sleep-meister-睡眠サイクルアラームlite/id599456380

運営者:Naoya Araki

 

Sleep Meisterの口コミ

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました