開発・運用

AWSの料金を日本円で計算できるサイト「ざっくりAWS」

投稿日:

AWSの料金、ややこしいですよね。サービスの選択肢が多く構成が柔軟なおかけで、さまざまな要件をカバーできるのは嬉しいですが、そのぶん料金体系がややこしいですね。しかも、サービスの数が多すぎるしオプションも多岐に渡るので初心者が概算見積りを行うにはかなり苦しいものがあります。しかも米ドルで出てくるので見積もりが大変です。そこで今日は、「ざっくりAWS」というサイトのご紹介です。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • AWSのざっくりとした見積もりを取ることができる
  • 日本円で出てくるのでわかりやすい

使い方

ざっくりAWSを利用する

まず、ホームページに飛ぶと以下のサイトにいきます。そこで、自分の利用したいサービスを選びます。今回は、試しに「EC2(仮想サーバー)をクリックしてみましょう。

仮想マシンのスペックであるインスタンスタイプを選択します。「インスタンス」のタブをクリックしましょう。

かなり多くのインスタントタイプが出てきました。この中から好みの物を選びます。今回は「t2.nano」を試しに選んでみましょう。なお、ちなみにこの時の値段はまだ0円です。

次に「台数」をクリックして数字を入れましょう。インスタンスによる台数です。今回は1を入れてみます。すると、右下に値段が出てきました。

次に、ストレージ(GB単位)を入れるので、希望の数字を入れてみましょう。今回は100を入れてみます。

次にEC2からインターネットへ送信されるデータ転送量(GB)を入れます。目安としてWebサイトを例にすると、ページあたりの容量が2MBで、月間10万PVの場合、だいたい200G程度になります。今回は100GBを入れてみましょう。そうすると、値段が出てきます。

以上により見積もりを出すことができます。

金額の算定について

なお、金額の算定について価格は東京リージョンのものを使用しています。料金は月額の円表記で税抜きです。さらに、計算に日数が必要な場合は、ひと月を30.5日としています。

特徴

インターネット小売大手のAmazonが提供するクラウドコンピューティングがAWS(AmazonWebService)です。クラウドを提供する企業は数多ありますが、AWSはダントツでトップを走っており世界クラウド市場の3割のシェアを占めていると言われています。AWSは細かなオプションを選択できるゆえに見積もりについて細かすぎで、かつ米ドルで判定がでるので公式でsimply monthly calculatorというサービスがあります。正確な値段を知りたい人はそちらの公式を利用するといいでしょう。ただし、名前と裏腹に全然シンプルに計算ができず、入力項目が多く、サイトを開いたときの威圧感がすごいです。そこで、簡易的に値段をざっくりと知りたい人にはおすすめです。この機会に利用してはいかがでしょう。

価格

完全無料で利用することができます。

サイト情報

URL:https://aws.noplan.cc/

-開発・運用
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.