企画・デザイン

高機能なマインドマップを手軽に作成できる「XMind」

投稿日:2019年1月28日

アイデアや思考を整理するためにマインドマップを用いることは効果的ですが、マインドマップの作成にあたり色鉛筆やペンでノートに書くといった形が多いかと思います。実はアプリを使ってマインドマップを作成することも意外と快適で便利です。今回は無料でマインドマップの作成ができる「XMind」をご紹介します。直感的な操作ができて機能も豊富なサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • パソコンで操作・記録するため、ノートやペンが不要
  • 追加・修正が簡単にできて一覧性も高い

使い方

インストール

XMidoのウェブページを開くと画面中央に「無料ダウンロード」というボタンがありますのでクリックしてください。

クリックするとインストールするプラットフォームが選択できます。お使いの環境に合わせてダウンロードしてください。

 Windowsであればexe形式でダウンロードできますので、そのまま実行してインストールを開始できます。

ライセンス利用の規約が表示されますので、「I accept the agreement」にチェックを入れて進めてください。

次にインストール先の確認が表示されますので、必要に応じて設定してください。

これでインストールの準備が完了です。「Install」をクリックしてインストールを行います。

インストールの完了後「Finish」をクリックするとアプリが起動します。

マインドマップの形式とテーマを選択する

アプリを起動すると空白のマップが表示されますので、ファイルから「新規」を選択します。

様々な形式を選択することができますが、一般的な中心にテーマを設置して周囲に要素を展開していくものは左上の「マップ」になります。

次にテーマを選択します。こちらも様々のタイプがありますので、作成するマインドマップの内容に合わせて気に入ったものを設定してください。「作成」のクリックでマインドマップの作成を開始します。

マインドマップを作成する

初期状態では中心トピックのみが表示されていますので、ここからマップの中身を作成していきます。

各要素はテキスト部分をダブルクリックすることで編集することができます。

エンターキーで同じ階層に要素を追加していくことができます。

また、下位に要素を追加する場合はタブキーになります。

要素や階層をどんどん追加していっても、アプリが自動で表示領域を調整してくれるので非常に見やすいマップが作成されます。更に要素をドラッグすることで位置の変更を行うこともできます。

以上がXMindの使い方でした。マインドマップは紙に書く方法が多いですが、どうしても書ける範囲が限られてしまいますので、このようにアプリを使うことでアイデアを無限に広げていくことができます。

特徴

マインドマップツールとしてCoggleSimpleMind+がありますが、XMindはデスクトップアプリであることもあり最も機能が豊富です。一方、共有のしやすさはCoggleやSimpleMind+の方がやりやすいため、目的に応じて選択するのが良いでしょう。

価格

XMindには有料版となる「XMind Pro」があり、価格は12,799円となります。有料版を使用することで、テーマのカスタマイズやPDF他へ形式を変換してエクスポートする機能機能等を使用することができます。詳細については以下のページをご覧ください。
http://jp.xmind.net/store/

サイト情報

URL:http://jp.xmind.net/

XMindの評判(口コミ)

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

-企画・デザイン
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.