開発・運用

好きなアプリでリンクを開くことができる「Opener」

投稿日:2018年12月29日

TwitterやAmazonなどのスマホアプリ版を入れている方も多いと思いますが、アプリを起動して開くのは面倒ですね。そこでおすすめしたいアプリがOpnerです。Openerはブラウザ上のリンクを直接アプリで開くことができるようになるiPhoneアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 任意のアプリでブラウザのリンク先を開くことができる

使い方

初期設定

Opnerをインストール後、初期設定を行います。Safariを開き、共有のアイコンをタップします。

続けて、「その他」をタップします。

Openerという項目がありますので、ONにし「完了」します。これで初期設定は完了です。

好きなアプリでリンクを開く

Opnerを使うにはWebサイト内のリンクを長押しします。

続けて、「共有」をタップします。

共有メニューに「Opner」が追加されていますので選択します。

アプリ一覧が表示されます。今回はTwitterのリンクでしたので、Twitter関連のアプリが表示されます。Tweetbotを選択してみましょう。

確認ダイアログが表示されますので「開く」をタップします。

これで、リンク先の情報がTweetbotで表示されました!

さらに、自動でTweetbotを起動できるようにすることもできます。さきほどのアプリ一覧でTwettbotを右ドラッグ⇒「自動オープンを設定」にタップします。

「はい」をタップします。これで、以降はTwitter関連のリンクはTweetbotで開くようになります。

その他

Opnerのアイコンをタップすると、呼び出し可能なアプリ一覧が確認できます。なお、関連付けできるアプリは以下のページにも掲載されています。https://www.opener.link/apps.html

また、右上の設定をタップするとアプリが1つしかない場合のショートカット起動や、Safari以外のブラウザで開くようにすることも可能です。

 

以上がOpnerの使い方でした。iOS9以上では「Universal Links」という仕組みがあり、Google Mapなどの一部のアプリは自動で開くことができますが、今回の例で挙げたTweetbotなどのサードパーティーアプリで開くことは標準ではできません。Opnerがあれば自分の思い通りに設定できますので、ぜひ効率化のためにOpnerを使ってみてはいかがでしょうか。

制限

iOS版のみとなります。Androidには対応していません。

価格

有料、240円となります。買取型となるため、その後課金が発生することはありません。

サイト情報

URL:https://www.opener.link/

-開発・運用
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.