開発・運用

外出先からでも自宅のPCを遠隔操作できる「Google Chrome リモートデスクトップ」

投稿日:

自宅にあるデスクトップパソコンなどを外出先から遠隔操作したいというシチュエーションがよくあると思います。Google Chromeリモートデスクトップを使えば、いつでも無料で自分のPCを遠隔操作することができます。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 会社やカフェなどインターネット環境があればどこからでも遠隔操作できる
  • データを自宅のパソコンに忘れてきても遠隔操作で引き出すことができる
  • 無料で利用できる

使い方

Google ChromeリモートデスクトップはブラウザのGoogle ChromeもしくはAndroidアプリとしてリリースされています。ここでは、Chromeブラウザでの使い方についてご説明します。Googleで「Chromeリモートデスクトップ」と検索してください。Chromeウェブストアのウェブページをクリックしてください。

Chromeウェブストアのページが開かれリモートデスクトップについての画面が表示されます。右側にある「Chromeに追加」をクリックしてください。

インストールのダイアログが表示されますので「アプリを追加」をクリックしてください。

インストールが完了するとChromeのアプリ一覧が表示されます。一覧の中から「Chromeリモートデスクトップ」をクリックしてください。

Chromeリモートデスクトップが起動されます。自分の今使っているパソコンを外部から遠隔操作するために、マイコンピュータの「利用を開始」をクリックしてください。

リモート接続を有効にするよう表示されますので「リモート接続を有効にする」をクリックしてください。

外部から遠隔操作されるために必要なソフトをインストールするよう求められます。「同意してインストール」をクリックしてください。

PINを登録する画面が表示されます。6桁以上の数字を登録してください。入力が終わったらOKをクリックしてください。

リモート接続が正常に有効になるとこのような画面が表示されます。PCが完全にシャットダウンされていると利用できませんのでご注意ください。

外部から遠隔操作される場合は、Chromeリモートデスクトップの画面にある「リモートサポート」の「利用を開始」をクリックしてください。

アクセスコードを発行するために、緑色のボタン「共有」をクリックしてください。

アクセスコードが発行されますのでそのコードを共有する側の相手などに教えてください。

コードを教えられた側は「アクセス」をクリックしてください。

アクセスコードを入力する画面が表示されますので入力してください。入力後に「接続」をクリックしてください。

以上で設定完了です。デスクトップの画面がブラウザに映し出され、遠隔操作が実施できます。

解説動画(YouTube)

特徴

Chrome リモートデスクトップと同様の機能を持つ「TeamViewer」というソフトがあります。

TeamViewerでは会社のPCなどを遠隔操作すると「商用利用の疑い」と表示され有料の高額なライセンスを購入しない限り遠隔操作が制限されてしまいますが、Chromeリモートデスクトップではライセンスを購入することなく無料で遠隔操作することができます。

サイト情報

URL:
https://chrome.google.com/webstore/detail/chrome-remote-desktop/gbchcmhmhahfdphkhkmpfmihenigjmpp?hl=ja

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.chromeremotedesktop&hl=ja
※Chromeウェブストア及びGooglePlayストアのURLです。

運営会社:Google LLC

-開発・運用
-, , , , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.