検索

アジャイル向けプロジェクト管理ツール「Jira Software」

現在、 様々なプロジェクト管理ツールが登場していますが、アジャイル開発に特化したプロジェクト管理ツールはなかなかありません。今回はアジャイルプロジェクトも管理できるJira Softwareをご紹介します。

使い方

ユーザー登録

初めにユーザー登録が必要です。サイト右上にある「無料トライアル」ボタンをクリックします。Jira Softwareのサイトトップ

Atlassian社の製品群が表示されます。Jira Softwareの「クラウド版を試す」ボタンをクリックします。Jira Softwareのトライアル製品選択画面

さらにJira Softwareのコンポーネントが表示されます。Jira Softwareの「無料トライアル」ボタンをクリックします。Jira Softwareのトライアルコンポーネント選択画面

メールアドレス、パスワード、名前とURL(.atlassian.netの前の部分)を入力します。あわせて、ロボットでないことの確認チェックおよび利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、問題なければ「同意して申し込む」をクリックします。Jira Softwareのユーザ情報入力画面

以下の画面が表示されますので、登録したメールアドレスのメールボックスを開きましょう。Jira Softwareのユーザ情報入力完了後の画面

以下のメールが届いていますので「認証する」ボタンをクリックします。Jira Softwareのユーザ情報入力時に送信されるメール

以下の画面が表示されます。自身のプロジェクトに関する質問が表示されますが、こちらは任意になります。今回は「質問をスキップ」をクリックします。Jira Softwareのトライアル時の質問画面

チームメンバーを招待する画面が表示されますが、こちらは後で招待することも可能ですので、今回は「スキップ」をクリックします。Jira Softwareのチームメンバー招待画面

以上でユーザー登録は完了です。

プロジェクト・タスクの作成

続けてプロジェクトを作成します。プロジェクトのテンプレートを選択します。カンバン方式やバグトラッキング方式のプロジェクトテンプレートも選択できますが、Jira Softwareの最大の特徴はアジャイル向けのあるスクラム方式のプロジェクトが作成できる点です。そこで今回はスクラムの下にある「選択」ボタンをクリックして、スクラム方式のプロジェクトを作成しましょう。Jira Softwareのプロジェクトテンプレート選択画面

プロジェクト名を入力して「作成」ボタンをクリックします。Jira Softwareのプロジェクト名入力画面

プロジェクトが作成され、ダッシュボードが表示されます。続けてタスクとなる課題を作成しましょう。「+課題を作成」の部分をクリックします。Jira Softwareのプロジェクト作成直後のダッシュボード画面

入力欄が表示されますのでタスク名を入力します。また、タスク以外にもバグやストーリーが選択できますが、今回は通常のタスクで作成しますので左のプルダウンで「タスク」を選択してください。Jira Softwareのタスク入力画面

タスクが追加されました。同様の手順で必要なだけタスクを登録しましょう。また、スクラム方式のプロジェクトの場合はスプリントの作成ができます。「スプリント」とは1つのシステムを繰り返し開発で作成する際の1つの開発単位のことです。(一般的なアジャイル用語では「イテレーション」とも呼ばれます。)アジャイルでは複数のスプリントに分けて繰り返し開発することが特徴となっています。タスク登録後は「スプリントの作成」をクリックします。Jira Softwareのタスク入力後の画面

「スプリントの計画」という枠にタスクをドラッグします。Jira Softwareのスプリント作成画面

これで、タスクがスプリントに登録されました。すべてのタスク登録後は「スプリントの開始」ボタンをクリックしましょう。Jira Softwareのスプリントにタスク登録後の画面

スプリント名や期間、概要を入力して「開始」ボタンをクリックします。Jira Softwareのスプリント開始画面

これでスプリントが登録されました。はじめは登録したタスクが「TODO」というボックスに表示されていますが、右にドラッグすることで、「進行中」や「完了」のボックスに移動することが可能です。Jira Softwareのスプリント作成後の画面

これでタスクが移動されました。Jira Softwareのタスク移動後の画面

また、タスクをクリックすると以下の詳細画面が表示されます。右側で担当者や優先度、想定の作業時間と実際に使った時間を記録することができます。また、サブタスクを登録することもできます。上部にある「サブタスクを作成」をクリックしましょう。Jira Softwareのタスク詳細画面

サブタスク名の入力欄が表示されますのでサブタスク名を入力して「作成」ボタンをクリックします。Jira Softwareのサブタスク名入力時のタスク詳細画面

これで、サブタスクが登録されました。サブタスク名をクリックすることでタスクと同様に担当者や作業時間などを記録することができます。Jira Softwareのサブタスク登録後のタスク詳細画面

プロジェクトを共有する

また、スプリントの作成後は、他のチームメンバーに共有しましょう。左メニューから「プロジェクト設定」をクリックします。Jira Softwareのダッシュボード画面

続けて、「ユーザー」をクリックします。Jira Softwareのプロジェクト設定画面

右上の「ユーザーを追加」をクリックします。Jira Softwareのユーザー一覧画面

ダイアログが表示されますので、招待したいメンバーのメールアドレスを入力して「追加」をクリックします。Jira Softwareのユーザー追加画面

招待した方のメールアドレス宛に以下のようなメールが送信されます。メール内の「join them now」をクリックします。Jira Softwareのチームメンバー招待メール

Jira Softwareのログイン画面が表示されますので、メールアドレスとパスワードを決めて「Sign up」ボタンをクリックします。(すでにアカウントをお持ちの場合も同手順でログインできます。)Jira Softwareのログイン画面

これで、プロジェクトのダッシュボードが共有されました。Jira Softwareのログイン後の画面

レポートを表示する

また、Jira Softwareの特徴はレポートが見れる点です。レポートをクリックします。Jira Softwareのダッシュボード画面

豊富なレポートが用意されています。今回は、試しに「累積フローダイアグラム」をクリックしてみましょう。Jira Softwareのレポート一覧画面

レポートが表示されます。累積フローダイアグラムはタスクの「TODO」や「進行中」「完了」などのステータスの遷移状態を調べるものです。Jira Softwareの累積フローダイアグラム

また、こちらは時間管理レポートです。各タスクの作業時間をもとに進捗状況をひとめで把握することができます。他にもスプリントの作業状況を調べるスプリントレポートや、バージョンのリリース日のトラッキングレポートなど、豊富なレポートが用意されてます。

ページを追加する

また、Jira Softwareではプロジェクト共通のドキュメントを共有することができます。左側のメニューから「ページ」をクリックしましょう。Jira Softwareのダッシュボード画面

ページのテンプレート選択画面が表示されます。今回は「Blank page」を選択します。Jira Softwareのページテンプレート選択画面

初めてページ作成時は、以下のような画面が表示されます。ページ作成にはJira Confluenceという製品と連携しますが、こちらも30日間無料トライアルができますので、「Jira Confluenceを30日間無料でお試し」ボタンをクリックしましょう。Jira Confluenceの紹介画面

続けて、「Continue」ボタンをクリックします。Jira Confluenceのインストール開始画面

Jira Confluenceのインストールにしばらく時間がかかりますので待ちましょう。完了は以下のような画面になりますので、「Go to Confluence」ボタンをクリックします。Jira Confluenceのインストール完了後の画面

ページの編集できるチームメンバーを選択することができます。選択後、「Next」をクリックします。Jira Softwareのページ編集可能なチームメンバーの選択画面

任意の作業スペース名を入力します。「次へ」をクリックします。Jira Softwareのスペース作成画面

ページの編集画面が表示されます。Wordと同様、フォントサイズや色などの設定も可能です。Jira Softwareのページ編集画面

また、「/(スラッシュ」を押すと画像や表などの挿入が可能です。編集完了後は右上の「公開」をクリックします。Jira Softwareでスラッシュ入力時のページ編集画面

これで、ページが追加されました。チームメンバーはこちらから参照することが可能となります。Jira Softwareのページ追加後の画面

以上がJira Softwareの主な機能をご紹介しました。他にもワークフローの細かな設定ができる他、プラグインをインストールすることでガントチャートも作成できるようになるなど、非常に高機能なプロジェクト管理ツールとなっています。Webサービスの他、デスクトップ版やスマホ版もリリースされています。Jira Softwareは特にアジャイル向けのプロジェクトに向いていますので、ぜひご利用いただいてはいかがでしょうか。

特徴

他のプロジェクト管理ツールと比較してのJira Softwareの最大の特徴はアジャイル向けのプロジェクトが作成できることです。その理由で、スマホアプリなど、アジャイル主体で開発するエンジニアに人気のツールとなっています。他社プロジェクト管理ツールとの違いについてはこちらの比較記事をご覧いただければ思います。

価格

7日間は完全に無料で利用することができますが、2GBのストレージ制限があります。スタンダードコースに加入した場合は、250GBのストレージとなる他、匿名アクセス機能や監査ログ、サポートが使えるようになります。また、プレミアムコースに加入した場合は、ストレージは無制限となるほか、稼働率99%が保証されるようになります。スタンダードコースは1ユーザーあたり840円、プレミアムコースは1ユーザーあたり1670円となります。Jira Softwareの価格画面

サイト情報

URL:https://www.atlassian.com/ja/software/jira

運営会社: アトラシアン

Jira Softwareの口コミ

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました