ファイル・メモ

PDFを電子カタログに変換できる「Issuu」

投稿日:2019年6月18日

PDFを電子カタログに変換できる「Issuu」現在、様々なシーンで電子カタログの利用が増えており、商品カタログや記事などWebカタログ利用の機会はなくてはなりません。ただ、こういうカタログ作成は、意外と難しく二の足を踏んでいる方も多いと思います。そこで今回ご紹介したいのがIssuuです。IssuuはPDFをもとに電子カタログが作成できるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 自分のpdfデータを使って簡単に電子フリップを作成できる
  • UIがわかりやすい

使い方

ユーザー登録

はじめにユーザー登録が必要です。「Sign Up」をクリックします。

次にユーザー登録画面が出てきます。E-mailとPasswordを入力して「Create Account」をクリックします。なお、FacebookとGoogleアカウントを利用して登録することも可能です。

次に自身のProfile名 とURLを記載して「Create Account」をクリックします。

以上で、ユーザー登録が完了です。

電子カタログを作成する

では実際に電子カタログを作成してみましょう。まずはじめに、ご自分でフリップにしたいPDFファイルを用意しましょう。そして、ホーム画面で「Add Content」をクリックします。

次に、フリップ作成用に自分で用意したpdfをアップロードします。「Selecct File to Upload」をクリックします。または、自分のファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

 

ファイルを選び、「開く」をクリックします。

「title」と「description」を記載の上、「Publish Now」をクリックしましょう。

ホーム画面に戻ると電子カタログが作成されています。これで作業は完了です。

特徴

電子カタログの作成サービスとしてmeclibなどのサービスもあります。しかし、無料期間が過ぎれば、電子カタログ作成に最低でも1万円以上かかってしまうことになります。Issuuはその点、完全に無料で作成することができ、また有料プランですが作成した雑誌をIssuu上で販売することができます。WordPressに埋め込めることもでき、汎用性は非常に高くなっています。今後、こうしたサービスは増えると思います。是非ともこの機会に利用してはいかがでしょうか。

価格

雑誌を作成すること自体は無料で使用することができますが、電子カタログ内にIssuuのロゴが表示される制限があります。月22ドル(年間契約だと19ドル)のstarterプランに加入いただくことで雑誌にロゴを外すことができます。その他、月39ドル(年間契約だと月35ドル)で自分の作成した雑誌を販売することのできるPremiumプラン、月299ドル(年間契約だと269ドル)他でのツールと連携して25名のグループで利用できるOptimumプランが用意されています。

サイト情報

URL:https://issuu.com/
運営会社:Issuu Inc.

Issuuの評判(口コミ)

平均:  
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

-ファイル・メモ
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.