開発・運用

不要なアドウェアのインストールを防止できる「Unchecky」

投稿日:2019年1月20日

Windowsでソフトウェアをインストールする際に、怪しいアドウェアやバンドルソフトなどがインストールされてしまうことがありますが、Uncheckyがあればそのような不要なソフトのインストールを防ぐことができます。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • ソフトをインストールする際、アドウェアやバンドルソフトのインストールを防ぐことができる

使い方

インストール

Uncheckyのウェブページを開くと黄色の「ダウンロード」ボタンがありますのでクリックしてダウンロードしてください。

ファイルのダウンロードが終わったら実行してください。言語を選択する画面が表示されますので「日本語」に設定して「インストール」をクリックします。

これで、Uncheckyのインストールが完了です。「終了」ボタンをクリックしてください。

Uncheckyの設定

Uncheckyを起動するとホーム画面が表示されます。Uncheckyはインストール完了した時点で常時起動しており不審なソフトウェアをインストールされないかチェックしてくれます。

「設定」ボタンをクリックするとUncheckyを通知領域に表示しないようにしたり様々なカスタマイズをすることができます。

また、ホームからアクティビティログをクリックすることでUncheckyがどのようなソフトをブロックしたかを確認することができます。

Unchekyの動作

Uncheckyをインストール後、例えばAdobe Flash Playerのインストールをす際は、Mcafeeのインストールオプションがありますが、Uncheckyを導入することでこれらのオプションが最初から無効になります。

また、もしこのチェックマークをONにした場合は、Uncheckyから警告のダイアログが表示されます。その他、Uncheckyはブラウザからインストールするソフトウェアでもチェックが行われます。

以上がUncheckyの使い方でした。Windowsのデスクトップソフトをたくさnインストールされる方はぜひあわせてインストールいただければと思います。

解説動画(YouTube)

サイト情報

URL:https://unchecky.com/
運営会社:Reason Company Software

-開発・運用
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.