検索

本を読む感覚で閲覧できるPDFビューワ「SideBooks」

自治体が発行している広報誌や、雑誌や書籍のデータをPDFとして公開されている場合がありますが、これを普通に読むのは大変だと思います。そこで「SideBooks」というアプリをご紹介します。このアプリは取り込んだPDFデータを実際に本を読む感覚で読むことができるPDFビューアです。

使い方

本を取り込む

SlideBooksで本を読むためには、PDFをアプリに取り込む必要があります。

Dropboxで取り込む

これが一番オーソドックスなやり方だと思います。アプリを起動した後、画面下部の「Dropbox」をタップします。

Googleアカウントでログインするか(ログインするGoogleアカウントにDropboxが紐づけされていないと、ログインした後Dropboxアカウントを作成する必要がある)、お持ちのDropboxアカウントでログインできます。

アカウントをお持ちでない方は、少し下にスクロールすると「Dropboxのアカウントを作成」とあるので、こちらですぐに作成できます。

ログインしてしばらくするとこの画面になるので、取り込みたいファイルをタップします。ファイル形式はPDFの他、ZIP、CBZ、RAR、CBRの形式に対応しています。

iTunesから取り込む

まずはライトニングケーブルでiPhoneとPCをつなげます。その後、PC側でiTunesを開きます。iTunesを開くと、iPhoneのマークがあるのでタップします。

「ファイル共有」という項目があるのでタップします。するとこのようにアプリがたくさん出てくるので、「SideBooks」を選びます。

右下の「ファイルを追加」で、取り込みたいファイルを選んで追加できます。

本を読む

ホーム画面にとりこんだ本があると思いますので、読みたい本をタップ。

本を読むときは、ページの右側もしくは左側をタップすることでページを進めたり戻ったりできます。また、画面中央をタップすると操作パネルが表示されます。ここから各種操作を行うことができます。

検索する

左上の虫眼鏡マークをタップすることで検索メニューを開くことができます。

検索したい言葉を入力するとその言葉があるページが表示されるのでタップして見ることができます。

共有する

このマークをタップすると「他のAppで開く」「ファイルをメールで送信」「プリント」の3つ操作できます。

「他のAppで開く」を選択するとPDF書類としてさまざまなアプリで開くことができます。

「ファイルをメールで送信」を選択するとこの画面になるので、宛先などを入力してファイルをメールで送信できます。

「プリント」は文字通り、任意の範囲をプリントすることができます。「プリンタを選択」でプリンターを選べます。「-l+」で印刷する部数を選べます。「範囲」で印刷するぺージを選べます。

手書きメモする

このマークをタップすることで本にメモを残すことができます。

手書きのペンの色を変えたり、キーボード入力もできるので使いやすいと感じました。

目次

このマークをタップすると目次を開くことができます。

本によっては目次が表示されない場合もあります。

しおりを挟む

このマークをタップするとしおりのメニューを開くことができます。

そのあと「しおりを追加」で追加できます。

追加したページはいつでもこの「しおり」からすぐに開くことができます。

追加したしおりを削除したい場合は、右上の編集から、削除したいしおりをタップして、右下の「削除」で削除できます。

本を切り替える

このマークをタップすると、一度開いたことのある本に素早く切り替えられます。

この画面で、切り替えたい本をタップするだけです。

設定を変更する

縦読み

最初は「左→右」になっているので横読みですが、このマークをタップすると「上→下」になり、縦読みにすることができます。

ページ間隔

「間隔:狭い」をタップするとページ間隔を変更できます。「間隔:なし」「間隔:狭い」「間隔:広い」の3つから選べます。

頁めくり

「頁めくり」をタップすることでページを進める際の演出を変更できます。「頁めくり」だと、ペラっとめくるような演出になり、「スライド」だと左右にスワイプしてページを進めます。

また、本を開いたあと、右上の歯車マークをタップすることで設定を開くことができます。

明るさ

青いシークバーを操作して本の明るさを操作できます。

ページ背景色

「ページ背景色」は「黒」「暗い灰色」「灰色」「明るい灰色」「白」の5色から選べます。

回転ロック

回転ロックをオンにすると画面を傾けたときに、画面が横になりません。寝転がりながら利用する際に使える機能だと思います。

表示名称

本のホームでの表示名称を変更できます。青く表示されている部分をタップして、新しい名称を入力できます。

削除する

不要な本は、ホームで右上の「編集」から削除できます。

不要な本をタップしてチェックマークを入れます。

「削除」をタップすると削除できます。

以上がSlideBooksの使い方でした。このアプリにより、本を置くスペースを節約したり、大量の書籍をiPhone一つで持ち運んだりできます。

スポンサーリンク

価格

完全無料でご利用いただけます。

サイト情報

URL:https://sidebooks.jp

SlideBooksの口コミ

平均: 
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました