メール・チャット

LINEを業務で使用できる「LINE WORKS」

投稿日:2019年1月3日

業務で連絡を取り合う場合、みなさんはどんなツールを使用していますか?今回紹介する「LINE WORKS」は、基本的な操作はLINEのままで、業務連絡に使用することができます。また、全体へのお知らせ機能やカレンダーでの日程調整の機能が備わっています。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • LINEと同じ操作感で使用できる
  • LINEアカウントを持っていれば、すぐに使い始められる

使い方

LINE WORKSに登録する

はじめに、LINE WORKSアプリを起動すると、アカウント作成もしくはログインを選択できます。新しくアカウントを作成する場合は、「アカウント作成」をタップします。

新しいLINE WORKSのグループを作成する場合は、「LINE WORKSをはじめる」をタップします。

電話番号またはメールによる認証を行います。電話番号またはメールアドレスを入力して「次へ」をタップします。
サービスで使用するテナント名を入力して、「次へ」をタップします。

次に名前を入力して、「次へ」をタップします。

アカウントは、LINEアカウントで始めることもできます。今回は、新しくLINE WORKSのIDを作成する方法を紹介します。

IDとパスワードを入力して、利用規約を確認後、「すべて同意」をタップします。

登録完了画面が表示され、LINEWORKSから登録完了メールが届きます。メンバーを招待する場合は、画面中央の「メンバーを招待」をタップします。

メンバーを招待する場合は、LINEやメールで招待することができます。招待用リンクと認証キーを教えることで招待できます。

LINE WORKSを活用する

メッセージは、トーク画面から行います。画面右下の「+ボタン」をタップすると、新規トークを作成できます。

トークは通常のLINEと同様の操作で使用することができます。

次にホーム画面では、LINEのタイムラインのような役割をしています。全体への業務連絡やお知らせを掲示することができます。画面右下の「+ボタン」でお知らせを新規作成できます。

カレンダー画面では、予定の作成や日程の調整をすることができます。画面右下の「+ボタン」で予定を作成できます。

その他の画面では、管理者画面の表示や新規メンバーの招待をすることができます。

以上が「LINE WORKS」の使い方でした。通常のLINEアプリを仕事の業務連絡に使いたくない方は、この「LINE WORKS」で切り分けすることができます。また、全体へのお知らせ掲示や日程調整の機能が備わっているため、ビジネスで使う上ではピッタリです。ぜひ、使ってみてはいかがでしょうか。

解説動画(YouTube)

価格

フリー版は無料で使用することができます。有料版はライト・ベーシック・プレミアムからプランを選択できます。上位プランになると、タスク管理機能の追加や共有ストレージ容量を増やすことができます。

サイト情報

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/line-works/id1012129122?mt=8
※App Storeのリンクになります。

URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gworks.oneapp.works
※Google Playのリンクになります。

運営会社: ワークスモバイルジャパン株式会社

-メール・チャット
-, , ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.