開発・運用

キーボード、マウス操作を覚えて自動実行できる「KMmacro」

投稿日:2018年6月7日 更新日:

仕事の中には、ある画面内のデータをひたすら複写するとか、単純作業を延々としなければならない時ってありますよね。今回はそのような時に使えるアプリを紹介します。KMmacroはキーボードやマウスの操作を記録して、自動実行できるWindowsアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 定型的な仕事が自動化できる
  • GUI操作、スクリプトの両方で効率よく設定できる

使い方

まずは、ダウンロードファイルを解凍しましょう。その後、以下の3ステップで自動化ができます。

1.操作の記録

「KMmacro.exe」をダブルクリックし、「記録」を選択します。この後のキーボードやマウスの操作が記録されますので、実際に自動化したい操作をします。右下にKMmacroのウインドウが出ていますので、操作完了後に「終了」を押します。ファイルの保存ダイアログがでますので、適当な名前で保存しましょう。操作の設定ファイルとして、スクリプトファイルが保存されます。

2.スクリプトの編集

スクリプトファイルを開き、細かい編集をします。
よく使う命令はloop(繰り返し)です。「:loop」~「goto :loop」で囲むことで記録した操作を繰り返し実行できます。

また、delay(待ち時間の設定)も重要です。例えばボタンを押す操作やウィンドウの切り替える操作を入れた場合、次の画面が出るまでに時間がかかります。そのときは「delay ミリ秒」の形式で操作を待ち時間を設定しておき、画面が開くまで、次の操作が実行されないように制御することができます。

その他、変数やif、別ウインドウにフォーカスに切り替えなどの操作も可能です。具体的にできる操作は、exeと同じ場所にある「KMmacro.txt」に載っています。また、「test.MAC」というサンプルファイルも入っていますので、作り方がわかると思います。

3.実行

「KMmacro.exe」を再度ダブルクリックすると作成したスクリプトのファイル名がポップアップメニューに追加されていますので、クリックすることで実行できます。
操作中は他の操作はできませんので、ご注意ください。

特徴

KMmacroの魅力は操作の記録・スクリプト編集のどちらでも設定ができる点と、フリーソフトであることです。

昨今流行りのRPAツールではOCRを使っての画面操作もできますが、その分高価ですし、操作を覚えるのも大変です。KMmacroはキーボード、マウスの自動操作に絞られていますが、シンプルに素早くスクリプトを作るとことができるでしょう。アイデア次第で様々な仕事が効率化できますので、積極的に使っていたたらと思います。

制限

Windowsアプリのみ、Mac版などはありません。

サイト情報

ダウンロードURL:https://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se211440.html
※作者サイトからはダウンロードできないため、Vectorのサイトを掲載しています。

-開発・運用
-, , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.