開発・運用

クラウド上でデータベース管理できる「Airtable」

投稿日:


Excel・GoogleSpreadsheetのような「スプレッドシート」と、Accessのような「データベース」を組み合わせたクラウド型Webデータサービスである「Airtable」をご紹介します。Airtableはリレーショナルデータベース(RDB)を駆使した、ちょっとしたシステムを直感的に組み立てることができるWebサービスです。なお、スマホアプリもありますが今回はwebサービスについてお話します。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 簡易的なクラウドデータベースを利用できる
  • UIが豊富でわかりやすい

使い方

利用登録する

はじめにサイトにメールアドレスを入れて「Get started」をクリックしてみましょう。

次に名前とメールとパスワードを入れて「Sign up for fee」をクリックします。

これで登録することができました。

目的別に選択する

次に利用の目的を明らかにします。「個人用」か「仕事用」に聞かれます。タブをクリックして希望の目的をクリックします。今回は、「仕事用(work)」にクリックします

「主な目的」「どの種類のビジネスか」「あなたの役割」「事業規模」を選択した上で「continue」をクリックします。

以上で入力は完了です。次に実際使用してみましょう。

実際に使用してみる

「My first workplace」という画面になります。すでにテンプレシートが用意されていますが、自分のを利用したければ「Add a base」をクリックしましょう。すると「テンプレを利用する」「スプレッドシートをインポートする」「スケッチを利用する」のタブが出てきます。外部の「sketch」アプリやスプレッドシートを持っているなら、こちらから入れることができます。今回は、「テンプレを利用する」をクリックしましょう。

次にテンプレの画面で自分の好みのコンテンツを選びましょう。今回は、「Content Calendar」をクリックしましょう。

次にカレンダーを使うことから「Use template」をクリックしてみましょう。

次にカレンダーが出てきますので、自分の都合にあった形でカスタムします。「Section」でイベントの種類などを選びます。

また、「Deadline(期限)」などを選ぶと期限ごとにまとめるよう変更することができます。

期限ごとにまとめてくれるようになりました。

特徴

「Airtable」は、簡単操作でデータベースを作ることができ、作ったデータベースを視覚的にわかりやすい形にできます。また、外部のSketchやエクセルと連携しているので簡単に直感的に利用することが可能です。まずは無料で利用することができるので、この機に利用してはいかがでしょうか。

価格

最初の2週間は完全無料2GBのデータベースを使用することができるFree プランがあります。月10ドルで5GBのデータベースで6ヶ月契約のPlusコースがあります。さらに月20ドルで20GBの Proコースが、3年契約の Enterpriseコースがあります。

サイト情報

URL:https://airtable.com/

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.