開発・運用

Excelに便利な機能を追加するアドイン「RelaxTools Addin」

投稿日:2018年7月3日

仕事で1番使うソフトと言えばExcelではないでしょうか。本日はExcelを便利にするソフトをご紹介します。RelaxTools AddinはExcelに便利な機能を追加するアドインです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • Grep機能などによりExcel作業を効率化ができる
  • ファイルを変更、A1保存など細かい便利機能も満載
  • 完全無償で利用できる

使い方

Relax Tools Addinをインストール後、Excelを起動すると、リボンメニューに「RelaxTools」「RelasShapes」などのメニューが追加されています。これらのメニューからExcel標準ではできない様々な機能を使うことができます。細かなところに手が届く機能がいっぱいですが、中でも私がよく使う機能は以下の5つです。

・Grep検索
「RelaxTools」メニューの「検索/置換」の右にある▼ボタンを押し「ExcelのGrep検索」を選択すると、Grep検索ファイルが表示されます。ここから、複数のExcelを対象に一括検索することができます。検索結果は別Excelで表示され、検索結果のセルをクリックすることで該当のセルにジャンプもできます。もちろん、正規表現も使えます。

・目次シートの作成
シート数が多いExcelの場合、目次シートを作ると親切です。「RelaxWord」メニューにある「目次の作成」より現在のシート情報をもとに目次シートを自動生成できます。

・A1で保存
社外文書などのドキュメントは保存前に左上の「A1」にフォーカスを合わせて保存するのが新設ですが、「RelaxTools」メニューの「A1」を押すと、全シートのセルフォーカスをA1にできてしまいます。また、「A1」の右にある▼ボタンより設定変更することで同時に拡大率や表示形式の統一化ができるようになります。

・十字カーソル
表の中の列を編集していると、編集している行が1つずれてしまうことがありませんか?「RelaxTools」メニューの「十字カーソル」押すと、今どこにフォーカスが上がっているのか、見やすい形式にできます。ポップアップウィンドウで行・列番号も表示されます。

・開いているExcelのファイル名を変更
通常ですと、開いているExcelのファイル名を変更することはできないため、ファイルを一度閉じる必要がありますが、「RelaxTools」メニューの「開く」の右にある▼ボタンを押し、「アクティブなブックの名前を変更」を押すと、開いているファイルの名前変更ができます。

その他にも行列の入れ替え、ショートカットキーのカスタマイズ、SVNやGitとの連携など、なんと250以上の機能が搭載されています!これだけの高機能なツールが完全無料で使えますので、ぜひ一度入れていただければと思います。

解説動画(YouTube)

制限

動作環境はWindows 7、Excel2010以上となります。Windows版のみとなり、Macには対応していません。

サイト情報

URL:https://software.opensquare.net/relaxtools/

-開発・運用
-, , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.