SNS

SNS上で匿名の質問箱を作成できる「Peing」

投稿日:2018年12月13日

自社の製品やサービスに関して、Webサイト上に問い合わせフォームを設置されている方も多いと思いますが、なかなか投稿をいただけないですよね。そこでおすすめしたいのがPeingです。PeingはSNS上で匿名性で質問箱を作成できるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • TwitterやFacebookなどのSNS上で匿名性の質問箱を作れる
  • 管理画面で質問の確認ができる

使い方

Peingのウェブページを開くとこのような画面が表示されます。PeingはTwitter・Facebook・Instagram・Gmail・PeingIDのいずれかで登録することができます。ここではTwitterでの利用方法についてご説明します。「Twitterで登録/ログイン」というボタンがありますのでクリックします。

連携アプリの認証という画面が表示されますので「連携アプリを認証」をクリックしてください。もしTwitterにログインしていない状態の場合はログインすることで表示されます。

アプリへの連携完了するとPeingの利用設定のページが表示されます。メールアドレスを設定しておくと質問が来た際にすぐにメール通知されるので便利です。また、自動質問募集を有効にすると定期的に質問の募集ツイートを自動で行ってくれます。設定したら「設定する」をクリックしてください。

利用設定が完了するとこのような画面が表示されますので「さっそく使ってみる」をクリックします。

質問箱のホーム画面が表示されます。上部にある「質問箱をシェア」をクリックすることでツイッターへ質問箱を投稿することができます。

実際に質問箱をツイートするとこのようなツイートになります。質問する場合はこのツイートのリンクをクリックするだけで質問ができます。

質問内容を入力したら「質問を送る」をクリックすると相手に質問が送られます。

質問箱にいただいた回答を確認するにはページ下部の左から二番目のアイコンをクリックしてください。

質問箱に投稿された質問を確認できます。また、回答するには右下にある「回答する」をクリックします。

回答入力画面に移りますので、テキストを入力するボックスに質問への回答内容を入力後、「テキストで回答」をクリックしてください。

回答は質問の内容が画像になったものと合わせてツイートされます。

Peingの設定からはプロフィールや交際ステータスなどの設定も変更することができます。

以上がPeingの使い方でした。PeingはSNS上で表示されることで気軽に質問を投稿してもらうことができますので、SNSを盛り上げることもできます。ぜひ使ってみてください!

サイト情報

URL:https://peing.net/ja/
運営会社:株式会社ジラフ

-SNS
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.