検索

製品の操作を行いながらマニュアルが作れる「iTutor」

 

みなさんは、業務効率を高めるために日々努力されておられると思います。今回、ご紹介するのは株式会社ブルーポート社の「iTutor(アイチューター)」というツールです。例えば、社内や社外向けにマニュアルを作成したり、顧客への説明に向けマニュアルの動画化を作成することができます。また、説明のマニュアルだけでなく、デモ動画、eラーニング教材が作成できるマニュアル作成ツールです。

iTutorの使い方

インストール

まず、iTutorのアプリをPCにインストールする必要があります。そこで。ブルーポート社の「iTutor(アイチューター)」のホームページで右上に「21日間無料トライアル」というボタンがありますので、これをクリックします。

 

すると、「トライアル申請フォーム」というのが現れます。そこで、ご自身のメールアドレスを打って「トライアルに申し込む」をクリックしましょう。

すると、メールにアプリ「iTutor」のダウンロードのトライアルURLが表示されているので、このURL から、zipファイルをダウンロードしましょう。

zipファイルをダウンロードした後、インストーラーの実行ファイルがあるので、それをクリックします。すると、下記の言語選択の画面が出てくるので「日本語」を選択して「OK」を押しましょう。

すると、「使用許諾契約書の同意」のポップが表れますので「次へ」をクリックしましょう。

「インストール先の指定」が表示されるのでインストール先を指定して「次へ」をクリックしましょう。

「イントール準備完了」のポップが現れるので「インストール」のボタンをクリックしましょう。

次に「iTutorセットアップ」で続行する「次へ」をクリックしてください。

以上でインストールが終了します。「完了」をクリックしましょう。なお、インストールと同時にiTutorを起動させたければ、「iTutorを実行する」のチェックボックスを入れたままにしておきましょう。

iTutorを使用する

まず、アプリを開くと以下の画面があらわれます。そこで、自分のお好みのテーマを利用しましょう。

自分の好みのテーマが決まればTitle Slideレイアウトをクリックします。

すると、ページが現れます。ホーム画面に画像、動画、テキストなどの貼り付けが可能です。プレゼンテーションのページにしたがって文字や画像を入れていきましょう。

まずは、実際にホーム画面の画像を挿入してみます。大きさや傾きなど自由に設定することができます。

また、「注釈」のタブをクリックすると様々な効果を利用することができます。具体的には「図形」「テキストキャプション」「ハイライト」「スポットライト」「ジェスチャー効果」などがあります。

また、ハイライトをりようすることで文字の背景に色をつけることができます。

また、注釈の図形を利用することでお好みの図形をプレゼンテーションに入れることができます。ワードソフトとほぼ同じ機能です。

スポットライトを選択するとスポットライト効果を表示でき、文字や一部の画像を強調することができます。特に注目を集めたい、強調したい箇所がある場合使用しましょう。

つぎに注釈タブから「インタラクション」タブをクリックします。様々な効果が用意されています。例えばマウスクリックを押すと以下の形の表示が出現します。

次に「デザイン」タブをクリックしましょう。お好みのデザインに合わせてページを作成しましょう。多種類用意されているのでご自分の用途に沿った使用をしましょう。

次に「トランジション」のタブをクリックすると表示の画面をカットやフェードの機能を使うことができます。パワーポイントのような感覚で使用することができます。

また、「アニメーション」タブを押すと、様々なアニメーションも使用することができます。動きをアクセントで使用したい場合は使いましょう。

さらに「表示」機能を使用するとスライドショーを一覧で表示できたり全体の感じを理解することができます。直感的に作品を理解するために最終調整で使用してみましょう。

最後にエクスポートで作成したマニュアルの感じを調整することができます。

最後にhtmlのプレビューで画面にご自身のマニュアルを表示させてみましょう。

最後に終了する前にデータ自体を保存することができます。拡張子が様々に用意されているのでお好みに合わせて保存をしましょう。

以上がiTutorの使い方でした。日頃マニュアル作成に苦労されている方は、ぜひ「iTutor」を利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

価格

Mac版、エントリービデオ、エントリーオフィス、スタンダード、プロフェッショナルという5つのプランが用意されています。Macは15万円、エントリービデオは25万円、エントリーオフィスは25万円、スタンダードは45万円、プロフェッショナルは60万円というかたちになっています。Mac版はビデオと画像の利用をすることができるモデルで、エントリービデオはそれにHTMLのスライドショーが可能で、エントリーオフィスは動画が使用できない代わりにワードが使用できます。スタンダードは動画およびワードが使用できます。プロフェッショナルはパワーポイントも使用することができかなりの高機能となっています。

サイト情報

URL:https://itutor.jp/itutor/

運営者:株式会社ブルーポート

iTutorの口コミ

平均: 
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました