情報収集

有価証券報告書をまとめて検索できる「EDINET」

投稿日:

企業研究や分析のために有価証券証券報告書を見られる方もいらっしゃると思いますが、各企業のホームページからダウンロードするのは手間がかかります。そんな方におすすめのサイトをご紹介します。EDINETはインターネット上で有価証券報告書が効率的に閲覧できるサイトです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 有価証券報告書を効率よく閲覧できる
  • 有価証券報告書の比較ができる

使い方

有価証券報告書を検索する

EDINETトップページ上部にある「書類検索」をクリックします。

書類検索画面で検索バーに会社名を入力して検索します。検索結果は画面下部に表示されます。

検索結果から閲覧したい報告書を選択します。閲覧したい方は「PDF」をクリックします。

各アイコンの概要説明は以下を参照してください。

PDFをクリックした場合、ブラウザ上で報告書が確認できます。

有価証券報告書を比較する

また、複数の有価証券報告書の比較をすることもできます。検索結果から比較アイコンをクリックし、比較対象を選択します。続けて、「STEP2(比較する表示項目を選択する)へ」をクリックします。

対象の有価証券報告書から比較するデータを検索します。報告書を選択して、「検索」をクリックします。

検索結果の中から、比較したい項目を選択します。チェックボックスをクリックして項目を選択した後、「表示項目の選択」をクリックします。

検索結果の上部にある「STEP3(比較結果を表示する)へ」をクリックします。

最後に「比較結果を表示する」をクリックします。

これで比較結果が表示されます。各項目の必要データを抽出して比較表示されます。

操作ガイドを表示する

基本的な使い方は以上ですが、EDINETには概要書やガイドラインが用意されています。詳細な仕様やガイドラインを詳しく知りたい方は、操作ガイドを参照してください。EDINETトップページの画面左にあるトップメニューから「操作ガイド等」をクリックします。操作ガイドが表示されます。この画面でEDINETの概要や詳細仕様を確認することができます。

以上がEDINETの使い方でした。EDINETは複数企業の有価証券報告書を効率よく検索・比較ができますので、ぜひ今後の有価証券報告書はこちらからダウンロードするようにしてはいかがでしょうか。

解説動画(YouTube)

サイト情報

URL:http://disclosure.edinet-fsa.go.jp
運営機関:金融庁

-情報収集
-, ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.