ファイル・ドキュメント

間違って消してしまったデータを復元できる「Wondershare データリカバリー」

投稿日:2018年11月3日

「仕事で使うプレゼンのデータを消してしまった!」「大事な写真を削除しちゃった!」こんな経験はありませんか?そんな時に使えるのがWondershare データリカバリーです。Wondershare データリカバリーは間違って削除してしまったデータを後で復元できるアプリです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • Windows・Macのパソコンだけでなくスマートフォンの写真なども復元できる
  • 写真だけでなく非常に多くの種類のファイルを復元可能

使い方

Googleで「Wondershare データリカバリー」と検索してください。検索結果にある[Wondershare]データリカバリーという項目をクリックしてください。

Wondershare データリカバリーの公式ホームページが表示されます。Windows版とMac版がありますので選択して「購入する」をクリックします。(無料体験版もあきますが、こちらでは復元まではできないため、ご注意ください。)今回はMac版を選択しました。

ライセンスには年間更新ライセンスの他、永久ライセンス(買い取り)があります。ライセンスを選択して、支払い手続きを済ませてください。製品がダウンロードいただけます。製品のインストーラを入手後、ダウンロードが終わったらプログラムを実行すると利用規約への同意を求める画面が表示されます。利用規約を読んだら「同意します」をクリックしてください。

アプリケーションフォルダにプログラムをドラッグアンドドロップしてインストールは完了です。

Wondershare データリカバリーを起動してください。

OSによっては起動時にこのようなダイアログが表示される場合がありますが「開く」をクリックしてください。

Wondershare データリカバリーが起動するとメニュー画面が表示されます。復元したいファイルの種類をクリックして「次へ」をクリックしてください。

復元したいファイルがあるドライブや外付けフラッシュなどを選択してください。選択したら「スキャン開始」をクリックしてください。

復元できるファイルが見つかるとこのような画面が表示されます。選択後、「復元」を選択することで、ファイルが復元できます!

解説動画(YouTube)

制限

必ずしもデータを復元できない場合がありますのでご注意ください。特にデータ削除後に時間が経過していた場合は他のファイルのデータ領域に上書きされるため、復元できない可能性が高くなります。削除してしまったことに気づいた後は、できるだけ早く復元を実行した方が良いでしょう。

特徴

Wondershare データリカバリーと同じようにデータ復元ができる「完全復元15」というソフトがあります。このソフトも同じようにデータ復元ができますが、Windowsのみ対応しておりMacなどでは利用することができません。Wondershare データリカバリーはMacにも対応しており幅広いデバイスやファイルの復元をすることができます。価格は少し高価ですが、今後の保険のためご検討いただいてはいかがでしょうか。

価格

有償、年間更新ライセンスは6980円、永久ライセンス(買取は)7980円です。

サイト情報

URL:https://datarecovery.wondershare.jp/

運営会社:Wondershare

-ファイル・ドキュメント
-, , , , , ,

Copyright© WebCli , 2018 All Rights Reserved.