企画・デザイン

質問に答えるだけでRFPが作成できる「RFPツクール」

投稿日:

RFPとは、システムの導入や何らかの業務を委託する際に「○○したいので最適な提案を下さい」と依頼する文書のことで「Request For Proposal(提案依頼書)」の略です。自社の要件に合った「最適な提案」をしてくれる企業を選らばなければ、多くの場合システム導入は失敗します。そこで、システム導入の失敗率を下げるため、今回は実務に利用できるRFPを簡単に作れてPDFでダウンロードも出来る「RFPツクール」を紹介します。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 実務に利用できるRFPを簡単に作れてPDFでダウンロードも出来る
  • 完全に無料で利用できる

使い方

RFPを作成する

はじめにサイトの「新規構築用」か「リニューアル用」かを選択してクリツクします。今回は新規構築用をクリックしてみましょう。

はじめに「利用規約に同意する」のチェックボックスにチェックして「次へ」をクリックします。

次に企業・団体情報を記入して「次へ」をクリックします。

サイトのプロジェクト名やその課題や現状などを書いて「次へ」をクリックします。

次に制作範囲についてデバイスやブラウザについてチェックして「次へ」をクリックします。

次にコンテンツおよび使用言語についてチェックして「次へ」をクリックします。

次にデザインについて方向性、イメージカラー、ロゴデザインを決め「次へ」をクリックしてください。

次にCMSの導入範囲と希望するCMSを決め「次へ」をクリックします。

サーバー環境についてチェックした上で「次へ」をクリックしてください。

次にデータ提供について文書の提供、写真、動画の提供について選択して「次へ」をクリックしてください。

次に納品物や条件についてチェツクして「次へ」をクリックします。

次にサイト運用要件について、更新頻度や担当者についてチェックした上で「次へ」をクリックします。

次にセキュリティ要件についてチェックして「次へ」をクリックします。

提出先の情報を記載し「次へ」をクリックします。

次にスケジュールを記載し「次へ」をクリックしてください。

RFPの記載内容は全て終わりました。

RFPを確認してダウンロード

記載が完了すると、以下の画面になります。RFPを確認してみましょう。「RFPを確認する」をクリックします。

そうすると、以下の画面が出てきます。内容がよければpdf形式でダウンロードしましょう。

特徴

RFPの作成はサイト構築において発注する側は目的や現状の把握がはっきりし、社内での調整にも役立ちます。一方、発注される側についても要件がはっきりし精度の高い見積や資料を作成することができます。現在、RFPをきちんとかつ無料で作成できるサイトはありません。これを機会に利用してみてはいかがでしょうか。

価格

完全無料で利用することができます。RFPは現在それほど認知されていませんが、サイト運営において失敗率を下げる必要なツールです。是非ともご利用ください。

サイト情報

URL:https://rfp-maker.work/
運営会社:株式会社Qript

-企画・デザイン
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.