検索

大量のリンクリストが管理できるブラウザ「LinkBrowser」

スマホのブラウザを使う時は、簡単にブックマークを呼び出したり、片手で操作できると便利です。そこでおすすめしたいのが「LinkBrowser」です。LinkBrowserは大量のリンクリストが管理できる他、広告ブロックや片手操作も可能なスマホ用ブラウザアプリです。

使い方

ブラウジングする

LinkBrowserを起動するとGoogleのトップページが表示されます。通常のブラウザと同様検索してブラウジングができます。

また、1つ前のページに戻る、進む動作は左下のアイコンの他、真ん中のサーチアイコンを左右にフリックすることでも移動できるたえ、電車で移動中などの片手でも操作できるようになっています。

また、Safari等のブラウザと同様、マルチタブ構成となっています。四角いアイコンをクリックしてみましょう。

以下の画面になりますので、+ボタンでタブを増やしたり、現在開いているタブを消すことができます。

LinkList機能を使う

また、LinkBrowserの特長は、LinkList機能があります。真ん中のアイコンをタップするとリストが表示され、Googleなどの検索エンジンやAmazon、Youtubeなどの主要サイトが用意されているためここからすぐに検索ができるようになっています。

また、LinkListに任意のサイトのリンクを追加することも可能です。登録したいサイトを表示している状態で右下の三本線メニューをクリックして、「LinkListに保存」をタップしましょう。

登録画面が表示されます。現在表示中のサイト名、URLなどが表示されますが、変更することも可能です。また、アイコンを自由に変更することも可能です。設定後、Saveをタップしましょう。

これで、LinkListにアイコンが追加されました。以降はこちらのアイコンからすぐに呼び出すことが可能です。

また、他のブラウザと同様、ブックマーク機能もあります。三本線メニューの中にある「Bookmarkに保存」をタップしましょう。

先ほどと同様にサイト名などを設定の上Saveをタップします。

登録後は、LinkListの左下にあるブックマークのアイコンをタップしましょう。

さきほどのブックマークが追加されていますのでこちらから呼び出すことができます。

また、LinkBrowserでは「Web検索Link」という機能もあります。これは、任意のサイトの検索結果を表示した状態で表示できる機能です。三本線メニューの中にある「Web検索Linkを作成」のアイコンをクリックしましょう。

以下の画面が表示されます。下部にWeb検索Linkの登録方法が表示されています。この状態で登録したい検索サイトまで移動しましょう。

今回はWebCliの検索Linkを作成したいと思います。WebCliのサイトまで移動し、検索画面を呼び出して「アップル」と入力します。

「Web検索Linkを作成しますか?」と表示されますので「作成」をタップします。

サイト名、アイコンなどを設定の上「Save」をタップします。

これでLinkListにWeb検索Linkが追加されました。試しに「Redmine」と入力してこのアイコンをタップしてみましょう。

これでWebCliのサイトが表示され、Redmineで検索した結果が表示されました。この機能を使えばAmazonで商品を検索した状態で呼び出すといった活用が可能です。

その他

その他、広告のブロック機能が追加されています。既定ではONとなっていますが、右下の三本線メニューよりすぐに切り替えることができます。また、右下の歯車アイコンにより設定の変更も可能です。

ツールバーの固定するかや、デフォルトブラウザの変更、広告ブロックのデフォルトONにするかどうか等の設定が可能です。

以上で、LinkBrowserの主な機能をご紹介しました。その他、LinkBrowserは検索時の関連ワードが豊富である点、動作も軽快な点も特長となっています。登録しているブックマークが多くて困っている方や、片手で操作したい方はぜひこちらを標準ブラウザにしてははいかがでしょうか。

スポンサーリンク

価格

無料でもお使いいただけますが、Pro版ではWikipediaと連携して関連語を大量表示することが可能となります。Pro版は250円となります。

制限

iOS版のみとなります。Android版はありません。

サイト情報

URL:https://linkbrowser.sakuraweb.com/linkbrowserjp.html

LinkBrowserの口コミ

平均: 
 0 件
口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

タイトルとURLをコピーしました