開発・運用

iPhoneの連絡先をQRコードにして交換できるアプリ「アドレス交換 Lite」

投稿日:2019年2月15日

日常生活やビジネスシーンにおいて電話帳の連絡先を交換するケースは多いかと思います。以前は連絡先を赤外線通信で相手に伝えることができましたが、最近のスマートフォンは赤外線通信機能が搭載されていない機種が大半で登録が面倒になってきています。そこで今回はiPhoneの連絡先をQRコードにして交換できるアプリ「アドレス交換 Lite」をご紹介します。連絡先のQRコード化以外にも写真を他の携帯で開けるようにリサイズしたり、写真の撮影日時やファイルサイズも確認できるサービスです。

このアプリで仕事が効率化できる理由

  • 連絡帳のQRコード作成・読み取りができる
  • 写真を自動リサイズしてメール送信をすることができる
  • 写真のファイルサイズや撮影日時を確認することができる

使い方

インストールと設定

AppStoreから「アドレス交換 Lite」をインストールしてください。起動するとホーム画面が表示されます。

QRコードを読み取る

QRコードを読み取るには、ホーム画面から「QRコード読み取り」をタップしてください。

カメラまたは写真アルバムのいずれかから読み取りを行うことができます。

読み取りは素早く行われます。

アドレス帳に追加する場合は「新規連絡先を作成」または「既存の連絡先に追加」で登録を行うことができます。

QRコードを作成する

QRコードの作成を行うには、ホーム画面から「QRコード作成」をタップしてください。

アドレス帳のリストが表示されますので、リストからか検索で選択します。

指定した連絡先を確認して問題なければ「QR作成」をタップします。

作成するQRコードはキャリア別に設定することができます。「完了」をタップしてください。

初回に作成したQRコードはホーム画面の「自分のQRコード」として登録されます。

「自分のQRコード」を作成し直す場合は「再設定」から再度登録することができます。

写真をリサイズして送信する

リサイズした写真のメール送信を行うには、ホーム画面から「携帯写真メール」をタップしてください。

カメラロールが表示されますので、送信する写真を選択してください。

iPhoneのメーラーが自動リサイズされた写真が添付された状態で起動します。

写真のファイルサイズや撮影日時を確認する

写真のファイルサイズや撮影日時の確認を行うには、ホーム画面から「写真情報ビューア」をタップしてください。

カメラロールが表示されますので、確認する写真を選択してください。

写真を選択すると、ファイルサイズや撮影日時等の情報が表示されます。

サイト情報

URL:https://itunes.apple.com/jp/app/アドレス交換-連絡先qrコード化/id369643475

-開発・運用
-, ,

Copyright© WebCli , 2019 All Rights Reserved.